« 電源力学 ofc純銅電解コンデンサのメンテナンス | トップページ | 運力学 衝撃のカルダストランス3 »

2018年7月15日 (日)

古典力学 古典管アンプのゲイン配分

2

旨過ぎる話には警戒しよう。こっちが好調の時に近寄ってくる御仁にも大いに警戒しよう。jazzオーディオのアンプで、トランジスタやopampを使えばゲインは無尽蔵にあり誠に旨い話だが、我らの古典管のゲインは全くトロくて誠に旨くない話になる。しかし人生訓からすれば旨くない話をとるのが正解で、どうしても不自由な古典管になる。今回は税収の少ない中でゲイン配分をどうするか?

1我が方のトランスのゲインは実測で10dbとなっている。これ以上のゲインを望むと平面対向巻きは崩壊する。


Ax_2これであれやこれやとゲイン配分を試みる。初段のinputトランスは3.5倍、cx345で2倍程度、1vの入力ではcx350のグリッドに25vでは如何せん低すぎる。それじゃあラインアンプも作るのだから入力の0dbを2vにしよう。これでcx350の入力の最小値50vで駆動できる。回路図上は3段まで考えたが、水晶粒防振構造トロイダルコア段間トランスを3個作るのは大変で、何としても2段で収めたい。

3どうやら実現できそうな雰囲気となり、実験回路用の電源ユニットを作る。+b電源と-c電源はスライダックで可変できるようにしておく。これでようやくWestern Electric1922年~1927年製のwe-7aアンプと同等回路の検証ができる。

4過日名工ミルトさんがコーヒーに見えて「トランスを積んでいますが...」「ありがたい、これでテストできます」画像右がミルトさん作のΦ0.4mmポリウレタン線を巻いた水晶粒防振構造トロイダルコア段間トランスになる。左はあんぷおやじ作のΦ0.3mmポリウレタン線を巻いたもの。jazzオーディオの苦労をいとわないミルトさんの音の進化は目覚しく、電源系の整備が終わればエライことになると容易に想像がつく。良い音を手に入れたければ誠に旨くない話に乗るコトです。

|

« 電源力学 ofc純銅電解コンデンサのメンテナンス | トップページ | 運力学 衝撃のカルダストランス3 »