« 古典力学 トランスだけの古典管アンプ2 | トップページ | 振動力学 水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランス編2 »

2018年7月20日 (金)

振動力学 水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランス編1

Priロボットベンチャー時代の仲間がカナダのトロントで会社を経営しており、訪問したついでにプライトロン社へ行こう!と決めていたが、トランスは自社開発となり行く必要もなくなった。浜松のテクソル社の案内にも「終息製品」とあってオーディオで商売をする難しさを感ずる。出力トランスの影響力は電源ほど無いため、投資金額に対する成果では大いに迷う存在となる。2a3シングルアンプの出力トランスにpat-3025-se-02を使用しているが、樹脂モールドされているため水晶粒防振構造化が不可能で、オリジナル製品より良い音は出せない。

Ori意外や意外は善戦しているノグチの出力トランスpmf-9wsで、安い分ハイライトコア(無方向性電磁鋼板)を使用している。このトランスは開放型で解体して画像のように水晶粒防振構造化したらたまらなく緻密な音が出て、プライトロンを凌駕した。出力トランスに数万円も投じて後悔するより、この手法は大いに安心感がある。

Metx期待に反したのが我らが日立のファインメットで、薄板のせいかカットコアに精度感がない。出力トランスやチョークで数多く使用し、画像のように解体して水晶粒防振構造化したが音はつまらない。大枚投じた分自信は無くなり、m+aさんに引導を渡されてから使うのは止めた。この時からで、電磁鋼板と音質について深く探求した。どうもハイテク電磁鋼板は渦電流損の低減で板厚を薄くする傾向にあり、これが防振効果的に劣ると考え、ウエスタンなんかの古典厚板トランス群に適わないと想像した。再三言うが、ファインメットもアモルファスもプリウスなんかのdc-dcコンバータのスイッチングコイルで数十khzで駆動するような用途で低鉄損効果を発揮し、もしくは柱上トランスで省エネを0.1%単位で評価されるような用途で威力を発揮する。しかし決して無駄な投資ではなく、現在のトロイダルコア板厚の手掛かりに大いに貢献してくれた。

350ampx1967年のサンスイから始まりラックスとタムラと使用して、随分と長い間出力トランスに悩まされた。一時期トランスがいやになりotlもやったが、これも音的には難しく直ぐに止めた。それらの集大成が水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランスになり、電磁鋼板の板厚は0.23tを選んだ。ここが周波数特性と音の分厚さのギリギリの攻めぎあいで、妥協した。

Opt1xx 現状の常識的出力トランスに馴らされた状態では脳が硬化し自由な発想は生まれないが、とりあえずマルチトランスにしてみた。515b用で16Ω2巻き線、288-16gで16Ω1巻き線、ガウス1502用で8Ω1巻き線、合計4巻き線を用意する。トロイダルコアはΦ350mmの0.23t、これにΦ0.6mmのポリウレタン線をグルグル巻いて1次側50hzで4.6kが出れば良い。マルチアンプシステムと同じになるのが嫌で、出力トランスはスピーカのネットワーク箱に入れる。勿論1次側の配線は問題を生ずるがf特10khzで良しとした。515bも288-16gも1502もgndラインの共通性は無く、アイソレーションされている。ただし衝撃のカルダストランスのようなコトはないから過度の期待は無いが、自由自在に出力トランスが出来ることと、ストレーキャップの低減、完璧なる水晶粒防振構造化などのメリットで良しとしよう。

|

« 古典力学 トランスだけの古典管アンプ2 | トップページ | 振動力学 水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランス編2 »