« 振動力学 水晶粒防振構造トロイダルコア段間トランス編3 | トップページ | 一番弟子kouhei君凱旋! »

2018年7月 9日 (月)

振動力学 水晶粒防振構造トロイダルコア段間トランス編4

000xx絵画は長年シュールレアリストでどちらかと言えば前衛になる。ロボットベンチャー時代も有機的結合分離のアミーバの如きロボットを唱えて、これも前衛だった。前衛は理解され難く、こっちも面倒だから一々説明はしない。ロボット引退後はオーディオのプロで飯を食っていたがこれも前衛で、理解されない客先には苦労した。今は晴れて自由の身だから前衛の前衛は既に理解不能、それでもamp研究所のメンバーは前衛にめげず良く協力してくれる。その最たるものが水晶粒防振構造トロイダルトランスなのだが、音の表現は全く前衛ではなくバロック期の立体彫像のようでたまげてしまう。

1水晶粒防振構造トロイダルコア段間トランスの低域特性の実験してみた。


2今回からラムサのパワーアンプを使うことにした。低域をsg505オシレータの出力アンプで賄うには、能力オーバーになっていた。ラムサのwp-1100aの歪み率は0.1%で、paアンプにしては優れもの。

3残念ながらテクトロのsg505の最低周波数は10hzになる。正真正銘の10hzに合わせた。

4低域は位相遅れ無しの減衰なしで見事に10db増幅している。まあ50hzも出れば十分なので、低域の追求はコアボリュームが十分にあるとして1件落着。いよいよカニンガムの銘球cx345の入力にこの水晶粒防振構造トロイダルコア段間トランスを組み込み、1段電圧増幅回路のテストに入る。

|

« 振動力学 水晶粒防振構造トロイダルコア段間トランス編3 | トップページ | 一番弟子kouhei君凱旋! »