« 電源力学 スーパーdaコンバータ開発構想いや妄想?2 | トップページ | 電源力学 スーパーdaコンバータ開発構想いや妄想?了 »

2018年8月23日 (木)

隠匿力学 コルトレーンの隠された録音

0x「これ買いましたねん!」kuraiman社長氏が取り出したcdは、コルトレーンのロストアルバムだった。コルトレーンフリークとしたら大いに焦り「えっ、そんなのあったんだ~!」と平静を装う。続いて出されたファースト・メディテーションズ Limited Editionには、もう参りました。ラインアンプの修理も終わり早速ロストアルバムをかける。「あ!ヴァン・ゲルダーの録音ではない、ギャリソンがこんなにブルンブルンする訳が無い」聴いている内に3度もこのセリフが口を突いて出る。どう考えてもおかしい?それにしてもkuraiman社長氏宅の音は太い。

1すかさずアマゾンへロストアルバムを手配した。早速聴いてみるが、とんでもない事態で1963年のampex350の時代にモノラルなのだ、何度聴いても音は中央に集まっている。それに音は鈍い、これは一体?だからロストアルバムと銘打って商魂逞しいが、結局の所本命にはならないのだ。ただ演奏は凄いものがあり、インパルスのAxxでレコードとして切り出されていないのは残念だ。

3浪速のコルトーレーン家のフジオカさんのライナーノーツでその謎が解けた。しかもフジオカさんが仕掛け人だったとは。別れた妻のナイーマの持っていた7インチモノラルテープをcd化したもので、ヴァン・ゲルダーはレコーディングの度に確認用でコルトレーンに渡していたのだ。奇跡的と言えば奇跡的なんでしょうが。鈍くて狭い音空間の謎は解けた。

5「あ!ヴァン・ゲルダーの録音ではない、ギャリソンがこんなにブルンブルンする訳が無い」は、kuraiman社長氏の416-8aウーファ箱が水晶粒で完全防振構造になっている為の分解能の高さで、amp工房ではショートホーンの中低域持ち上がり現象で、ボン突く。なんだいヴァン・ゲルダーのベース録りは下手などと失礼なコトを言っていたが、又してもこっちが悪かった。

|

« 電源力学 スーパーdaコンバータ開発構想いや妄想?2 | トップページ | 電源力学 スーパーdaコンバータ開発構想いや妄想?了 »