« 修理力学 日立精機マシニングセンタVK-45サーボアンプ修理5 | トップページ | 対応力学 MA recordingsの対応如何にや?了 »

2018年8月11日 (土)

対応力学 MA recordingsの対応如何にや?

Macd現代録音は基本的にMA recordingsとしている。理由はマイクを出来るだけ減らし、空間の音も取りこんだ自然の録音が気に入っている。今般cdを6枚米国へ注文したが5枚しか納入されず、m+aさんが問い合わせ中であります。以前45rpmLPでAcoustic Soundsへ相当数注文したことがあり、この時も1枚不足で、プアーな英語で問い合わせしたが、なしのつぶてで以来購入は止めた。あの国はいい加減で参ってしまう。果たしてMA recordingsの対応如何にや?

|

« 修理力学 日立精機マシニングセンタVK-45サーボアンプ修理5 | トップページ | 対応力学 MA recordingsの対応如何にや?了 »