« 振動力学 水晶粒防振構造化重量級kind of blue cdの製作 | トップページ | 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法9 »

2018年9月22日 (土)

電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法8

1_2cdのデジタルデータを拾うピックアップで音が変わる訳が無い!はcdが登場した時オーディオ関係者から良く言われてた「デジタルだからみんな同じ音になる」と同義で、歴史は繰り返している。最近のピックアップ周りの水晶粒防振構造化はカートリッジで経験したそれと同じで、情報量は勿論増えるが色艶が付きこれが一番音楽表現でありがたい。かくしてデジタルもアナログも全く同じであると確信して、cdの音質改善に寝食忘れている。

2これが完成したDC-81 DAコンバータ用の最強電源。紙管内側は上部のみの塗装する。どうせ水晶粒で埋もれてしまうため、余分には塗らない。


3次は水晶粒の充填になり、電源トランスは結構パワー振動が考えられるため、水晶粒は細目と中目のミックスを作り充填する。

4水晶粒の充填はこの程度で止めておく。満タンは設置が終わってセッティング時に行う。満タンにしたら重くて腰が....
これにて DC-81 DAコンバータ用水晶粒防振トロイダル電源トランスの作業は終わり、純銅電解コンデンサの章へと移る。ハタと気が付いたが、コンシューマのオーディオ機器を開発しているのではなく、根っからの電力&ロボット技術者だからいつの間にか工業製品として開発している。

|

« 振動力学 水晶粒防振構造化重量級kind of blue cdの製作 | トップページ | 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法9 »