« 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法10 | トップページ | 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法12 »

2018年9月25日 (火)

電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法11

0cdに限らずアンプもターンテ-ブルも全てのオーディオ機器の電源は、水晶粒防振トロイダル電源トランスとofc純銅電解コンデンサを使い、このコンストラクションで統一しようと考えていた。ところがトロイダルトランスは最大2個でまかなえても、ofc純銅電解コンデンサは2個~6個は必要でコンデンサタワーとなってしまい、このコンストラクションは崩れてしまった。コンデンサの小型も考えて実際に開発してみたが、問題が多く現時点で投入できない。当面は水晶粒防振トロイダル電源トランスの筐体と水晶粒防振トofc純銅電解コンデンサの筐体は別で考える。

1ofc純銅電解コンデンサの静電容量の測定が終わり、次に耐電圧試験と漏れ電流の測定に入る。160v耐電圧のコンデンサエレメントにDC-81 DAコンバータの最高電圧30vを加えるのだから、楽なモノよ。スライダックで可変直流電源を作り、1kΩの抵抗を被試験コンデンサに接続して1kΩ両端の電圧を読む。電圧破壊は自己回復性があり直ぐに分かる。

2no1コンデンサ。

3no2コンデンサ。

4no3コンデンサ。

5no4コンデンサ。

7以上のように1kΩ両端の電圧に差が無く、耐電圧と漏れ電流ともに合格です。続いて作ってあった紙管へコンデンサ4個を入れるが、一番下のコンデンサの挿入には手が入らず又しても構造上の問題が出た。何とか入れ込み水晶粒を充填し、次に2個目と順番に入れていく。真ん中の黒い筒は水晶粒をムダに投入しないための仕切り板で、これが無ければ重量超過で持てない。

8水晶粒防振ofc純銅巻き線トロイダル電源トランスとofc純銅電解コンデンサタワーの完成です。これでDC-81 DAコンバータの電源!なのだから凄過ぎ、いややり過ぎ。しかし水晶粒防振構造の発明をして10年弱な現在は、未だ黎明期であり過剰防衛もやむを得ない。その内にピンポイントで効能が分かり軽装備になると思う。

|

« 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法10 | トップページ | 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法12 »