« 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法7 | トップページ | 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法8 »

2018年9月21日 (金)

振動力学 水晶粒防振構造化重量級kind of blue cdの製作

0これはもう究極のcdで、amp工房で聴くjazzミュージシャンの全員が揃っている。左から我らがコルトレーン、キャノンボール・アダレイ、帝王マイルス・デイヴィス、しんがりはビル・エヴァンス、何と凄いコトか。まあ、このjazzミュージシャンしか聴かないから偏執狂jazzフリークでjazz喫茶などとは呼べない。そこで仕方がないからjazzオーディオと称している。kind of blueはコロンビアスタジオ録音で、資金、機材、人材、豊富な環境故ヴァン・ゲルダー録音のようなワイルド感は無いし、オリジナル盤ではそんなに分厚い音は入っていない。

1m+aさんが「あんぷおやじ~、170gより250gより300gの方が断然音は良いのね~」と言われてしまい、内心やられた!と思っていた。だいたいがbu-1cやbu-10(kss-190a)のcdメカにこんな重量物載せる事自体非常識だ。レーザ出力が下がるとサーボゲインも下げざるを得なくて、最近は200g以下と低迷していた。負けちゃあおられんと、レーザ出力のパワーを規定どおり1.1vrmsになるようサーボ調整をし直した。そこでこのkind of blueを何と新記録の620gの狂気とした。

2勿論1回の起動では動作不可で、3回くらい起動停止を繰り返してサーボロックに入る。まあそれでもサーボロックに入るのだから凄いサーボだ。m+aさんのスタビライザ300gと違ってkind of blueのcdを直に水晶粒防振構造化したダイレクト防振cdで、現在考え得る最強のcdなのだ。副産物で330gシリーズや440gシリーズなどまともにかからなかった重量cdが、全て聴けるようになった。

3こちらがアイパーターンの画像で、このkind of blue#sicp816はピット深度も深く、レベルが1.2vp-pとなって安定してサーボる。2005年は春日町にすみやがあった頃、良くcdを買出しに行ったものでその時入手してお代は1,800円也。これが狂気の620gkind of blueとなったから、もう大変。音の分厚さを除けばオリジナル盤に無い音まで表現して、なんだいcdの方が音が良いんじゃあない。

|

« 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法7 | トップページ | 電源~音色力学 Accuphase DC-81 DAコンバータ電源最強化手法8 »