« 電源~振動力学 Accuphase DP-80 CDトランスポート電源最強化手法2 | トップページ | 木曽路温泉紀行「ホテル富貴の森」 »

2018年10月 1日 (月)

電源~音色力学 dcs Elgar DAコンバータ電源最強化手法1

00xだいたいがトム・コランジェロもマーク・レヴィンソンもデジタルテクノロジーは門外漢で、アポジーエレクトロニクスにdaコンバータ部を作らせ、アナログ回路のみオーディオスイートのボードを使用していた、がcelloのr-dacの実態でありました。しかもdaチップはbbのpcm63kで我らが常用のdaチップだった。それを撃破したのが本日のタイトルのdcs Elgar DAコンバータだった。

1 最近の研究でdaコンバータはディスクリートに限ると分かり、現存するディスクリートdaコンバータのスーパーチューニングで電源の重要性を証明している。dcs Elgarをオークションで運良く入手でき、急遽Accuphase DC-81L 20bitDAコンバータ電源最強化手法で準備していた機材をこのdcs Elgarに投入することにした。なんとお譲り下さった方はステレオサウンド誌にも登場しており、氏素性のしっかりしたdcs Elgarです。dcsの場合デジタル処理がユニークで、リングdacと称してデータを5bit化しデコードして32ラインのラッチとして抵抗へ接続電流加算をしている。ここの解析は実に面白そうで、今後の研究課題としておく。
Elとりあえず電源の問題について解析を進める。この画像がdcs Elgar電源部の参考画像(ヴァージョンで随分違う)でリニアレギュレータを使用している。
954評判のもっとも高い954/2の電源部。これもリニアレギュレータを使用している。
New所が最新のdcsではオンボードスイッチングレギュレータを使用している。我らがロボット用基板では良くやる手だが、オーディオでこれをやるとは相当の腕前とみた。それぞれの電源を別にして銅トランジスタで安定化電源を作るのか?それともofc純銅電解コンデンサで作った直流だけ送り込んでローカルレギュレータはそのまま使うのか?本体が届く前に妄想は膨らむ。

|

« 電源~振動力学 Accuphase DP-80 CDトランスポート電源最強化手法2 | トップページ | 木曽路温泉紀行「ホテル富貴の森」 »