« ハルサイ狂奏曲 了 | トップページ | 振動力学 cd用水晶粒防振カバー »

2018年10月20日 (土)

振動力学 デジタルが消える日 その1

Mamaxjazzレコードはオリジナル盤に限り、国内盤も重量盤もまるでダメ。オリジナル盤の音は分厚く音色はクリーミーで情報量も多くcdを寄せ付けない。かくしてレキシントン盤とコルトレーンとエヴァンスとガボール・ザボのオリジナル盤の蒐集に明け暮れ、一体どれほど投資したのだろうか?この清水の地に「謎めいたjazz喫茶amp工房」を開店したのが2004年の春、噂を聞きつけ直ぐにやって来たのが割烹わかすぎの若旦那で「cdの方が音が良いに決まっている...」の言葉に「なに言っているんだい!」とその時はそう思い、そして14年が流れた。

0Accuphase DP-80 CDトランスポート電源最強化手法2で、dcs Elgar DAコンバータ電源最強化手法が割り込んでしまい中断となっていたが、実はdaコンバータよりcdトランスポートの方が重要であるコトに気付かされた。dcsにしても得意なdaコンバータに重きを置き、cdトランスポートのメカニズムはフィリップスのcd-proの流れを汲むcd-pro8s?(1,200万円のVivaldi OneにはVRDS NEOを使用)気持ちは分かるが、やはり自社でcdメカを開発しないと片手落ちになる。

1_2我らにはcdメカの開発資金も時間的余裕も無いから、ソニーのbu-1cとbu-10の改造で善戦している。bu-1cのcdメカニズムを全て水晶粒へ埋没させれば完璧だが、可動部分はそれが不可能でその矛盾と戦っている。名工ミルトさんはcdスライダー部のレーザ機構の空間に微細な水晶粒の充填作業をしており、精密作業の極致のように神経を使う。これが最後にはとんでもない結果を生み出すのだが、この段階ではそこまで読めなかった。

|

« ハルサイ狂奏曲 了 | トップページ | 振動力学 cd用水晶粒防振カバー »