« 音色力学 cdp-337esd カートリッジを作る 了 | トップページ | 振動力学 デジタルが消える日 その1 »

2018年10月19日 (金)

ハルサイ狂奏曲 了

Bernハルサイ狂奏曲がお終いとなった。バーンスタインが1958年にニューヨーク・フィルを振った「春の祭典」が最高傑作と決めていた。ところが埼玉のm氏からゲルギエフの情報を聞き、早速cdを入手すると演奏は過激の過激で凄く、バーンスタインは揺らいだ。

Springしかし過激過ぎ?で正確な判断をしようとバーンスタインのsbmリマスタcdを入手した。このcdから聴こえてくるハルサイはゲルギエフに1歩譲るものの過激でたまげた。ん、これは一体?レコードではcdのダイナミックレンジが出せずこじんまりとしてしまい、バーンスタインの牙が取れてしまった。ハルサイの過激さはストラヴィンスキーの狂気であったと気付かされる...ハルサイ狂奏曲でありました。

|

« 音色力学 cdp-337esd カートリッジを作る 了 | トップページ | 振動力学 デジタルが消える日 その1 »