« 振動力学 dcsエルガー用カルダストロイダルトランス平面対向巻き3 | トップページ | 振動力学 dcs Elgar DAコンバータ3号機フィボクリスタル防振構造化 »

2019年1月 7日 (月)

ac50v単相3線式電源工事失敗!

1dcsエルガー用カルダストロイダルトランス平面対向巻きが見事に出来上がり試験に入る。トランスの電源は50vとしてac50v単相3線式の電源へ接続する。おかしい!波形が歪んでまともな電圧が出ない。ここからが地獄で3昼夜あれやこれや彷徨い、気が付いたら問題は大きすぎた。先ずはカルダストロイダルトランスの負荷試験が力率1に近い抵抗でやって安心していたが、実際はえらく悪い。

2特に電解コンデンサの充電電流はレギュレーションの良いカルダストロイダルトランスでは大きな値となって、この瞬間にギリギリ設計の平面対向巻きが崩壊する。ノイズノイズと叫んでいたが、空調機のインバータや洗濯機のインバータなどは電源ダイレクトに電解コンデンサが繋がり、この突入電流で弊害が出ていたのだ。だからコンデンサインプット電源が大半な現代は突入の高調波電流でトランスは唸り、樹脂で固めている。更にac50v単相3線式の負荷アンバランスはクリチカル過ぎて成立しなかった。300wの負荷ギリギリでは具合が悪く、2kva位のバックパワーを持たないと単相3線式は成り立たない。

4まあ、遠回りはしているがやってみなければ分からないので仕方がない。1kva程度の重ね巻きac50v単相3線式電源を作り、再挑戦することにして撤退した。ただの撤退では面白くないので、オーディオ主電源のカルダスケーブルを最短にして余らせ、Φ450mmのカルダストロイダルトランスに使い100%カルダスケーブルとした。

5中華の妖しい純銅プラグやコネクターを撤去しコンセント部はofc純銅板にネジ止め、エルガートランスはofc純銅線重ね巻き、先の100%カルダストランスで一段と音色に深みが増し、ただでは転ばない。今年は正月返上でac50v単相3線式電源工事に挑んで失敗し、音が出た瞬間にやっと正月が来た気分だったが...

|

« 振動力学 dcsエルガー用カルダストロイダルトランス平面対向巻き3 | トップページ | 振動力学 dcs Elgar DAコンバータ3号機フィボクリスタル防振構造化 »