« 音楽力学 jazzオーディオ2019 | トップページ | 振動力学 dcsエルガー用カルダストロイダルトランス平面対向巻き2 »

2019年1月 2日 (水)

振動力学 dcsエルガー用カルダストロイダルトランス平面対向巻き1

1国家プロジェクト的な中部横断自動車道の富沢までの開通が30年度の予定で期待していたが、開通しなかった。一応清水工事事務所の情報では開通2018年度となったままである。納期遅れの言い訳すらないが、まあいいか。ロボットベンチャー時代の開発は常に難航して、相棒のソフトチーフの口癖が「出来た時が納期だ!」が言い得て妙で、その通~り。国家でさえ納期遅れを平気で出すのだから、お客さん納期遅れに文句を言わんで欲しい。dcsエルガー用のカルダスケーブルトロイダルトランス平面対向巻きの製作は、自己プロジェクトで正に出来た時が納期。

22個のカルダスケーブルトロイダルトランス平面対向巻きが出来上がり、#2トランスの電圧分割をする。入力ac50vで出力はac15vセンタータップにac8vの電圧となる。合計電圧は88vとなり、これを292ターンで割る。88/292=0.3014v/tとなり入力50vは166tで15vx2は100tで8vは26tと出る。実に簡単で小学生レベル。これで巻き線を切断してリード線を出せば良い。
3出力ac15vの片側。
4出力ac15vの片側。
5出力ac8v。
これで正月初仕事はお終い。実家へ出向き帰りにポルシェ964のハンドルを握るが5,000rpmから上は可変バルブと思えるほどエンジンが一変して恐ろしい車だ。パワステだが路面のキックバックが直に伝わりマシーンを運転している感覚が十分過ぎる。ただ古希を迎えどうやらこの手のスポーツカーはチト荷が重い、2019年の幕開けでした。

|

« 音楽力学 jazzオーディオ2019 | トップページ | 振動力学 dcsエルガー用カルダストロイダルトランス平面対向巻き2 »