« 音色力学 altec 515b用水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランス5 | トップページ | 音色力学 ラインアンプ用水晶粒防振構造トロイダルコアトランス »

2019年2月27日 (水)

音色力学 altec 515b用水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランス 了

0駐米トルコ大使の息子ネスヒとアーメットはコルトレーンを尊敬しており、自分達で立ち上げたアトランティックレーベルにコルトレーンの傑作を歴史に残した。2016年に発売された「Heavyweight Champion: the Complete Atlantic Record」でアーメットは「ここに収められたコルトレーンの偉業に関わることが出来たことに、心から誇りを感じています」と結んでいた。こっちこそアトランティックのネスヒとアーメットの偉業に感謝したい。マイフェイバリット・シングスのオリジナル盤の音がイマイチでアトランティックは?とゆう印象が強かったが、このcdからは微塵も感じられず、アトランティック万歳!とcdが進化した。

1静養中にaltec515b用水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランスの構想図を数え切れない位に描いた。ロボットベンチャー時代からの持論「設計で何枚書いても紙だからい
い、一度モノに置き換わると大事になる」です。県総は診察を受けるまでに大変待たされ、ひたすら描いていたが紙とエンピツとゆう電池を使わないハイテクcadは素晴らしい。
2結局のところはウエスタンの7aアンプをどう現代風にするかだけで、発明でも何でもないから威張れない。Φ350mmのトロイダルコアの磁気ギャップは素人加工と管理に問題があり断念した。だけど交流のトランスに直流を流すこと自体おかしいのだから、まあ素直に考えて納得した。
3そこでパラレルフィード(クラーフ)かプッシュプルになるのだが、意外なところで方法論が決まった。Duelund社のカップリングコンデンサ10μf(天文学的に高価)では60hzで200Ω強もありQの具合が悪く、ofc純銅電解コンデンサの100μfを投入する必要があり躊躇し、またプッシュプルの場合トロイダルコアへ平行巻きをしなくてはならず、工法で思案が続いていた。
4思案は良いコトで突然閃いた。cx350またはディフォレスト450のドライブトランスはハイゲインの必要があり、Φ0.3mmのポリウレタン線を2500ターン平行巻きしなければならない。これは苦痛を伴うほど大変で無理かな~と諦めていた。ん!ドライブトランスは交流だけだからそのまんま巻けばよい。そうだ、ドライブトランスは2個だ!
5一気呵成にコトは進んだ。出力トランスは3,7kの平行巻きだがソレンのofcΦ1.0mmのボビンを2個持って平行巻きするば良いから、最初から解決済み。これで画像のようにドライブトランスがモンスターになる。一般論でハイゲインのドライブトランスは音色が悪いとされていたが、あんぷおやじ流儀では一切関係ない。例えば市販の有名なドライブトランスで2次側50kΩのQは40程度しかない。あんぷおやじ流儀は500を超えているし、Φ0.3mmポリウレタン線を直接水晶粒で防振しているから、音色力学が根本的に違う。回路図を見れば誰でも分かる超簡単で、ドライブトランス2個に古典管2本、出力トランス1個の構成で決まり。これにてaltec515b用水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランスは了で、ラインアンプのトロイダルトランスの構想図へ向かう。

|

« 音色力学 altec 515b用水晶粒防振構造トロイダルコア出力トランス5 | トップページ | 音色力学 ラインアンプ用水晶粒防振構造トロイダルコアトランス »