« 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る2 | トップページ | 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る4 »

2019年9月17日 (火)

無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る3

09171お金持ちはお代を払いたがらないからお金が残り、結果お金持ちになるらしい。昔、お金持ちのオーディオ機器を修理したら請求額の半分にされてしまい、忌々しい。これじゃあ近所のコンビニでレジ打ちしていた方がまだましだ。かくしてamp工房では以降一切の修理業務はお断り。パーカショニストのnakaさんがラックスのsq38fdの修理を持ち込んだ。nakaさんは身内だから例外的に引き受けたが、amp研究会で修理することと、修理費はamp研究会の原資にすることを条件にした。1968年に50ca10や6ca10は大型3極管としてnecが売り出し、直ぐに飛びつき2台ほどパワーアンプ作ったがさほど良い音ではなかった。だからsq38fdは得意な修理対象なのだ。名工ミルトさんがサクサクと的確に修理作業をするものだから、こっちは測定器を操るだけで随分楽をした。中間のボリュームの不具合と、回路部品の実装の不味さで回路を変更した。信じられないレベルだが、当時は我々もこんなものだったからエラそうには言えない。

09172「レコードの音はモータの大きさで決る!」の解は「振動」で、大きくても振動の出るモータはダメ。大きな慣性を滑らかを持って回し機械的振動と電気的振動を抑える、これが極意ですぞ!ネットオークションに我が日立の素晴らしく大きなモータが8万円で出ていた。よっぽど落札しようかと思ったが重量を確認して断念した。113kgではチエンブロックが必要で、jazz喫茶amp工房がモータ工場になってしまう。余談だが、日立清水が月2,000tの鋳物生産量を誇って鼻息が荒い時代、モータのハウジングとエンドブラケットの鋳物製造ラインの自動化をやったことがあり、この辺はやたらと詳しい。それが鉄板溶接の丸ハウジングになりプレス品になり、時代の進化は全て音に悪い方向へ向かう。昔の鋳物モータ(現在でも大型モータは鋳物)を探そうぜ!

09173こちらも素晴らしく大きなモータでプリウスの発電用モータ。当時「50kwの駆動モータと10kwの発電用モータのどちらを回しますか?」とa化成のエンジニアに言われて「10kwでお願いします」と言ってしまった。なんてこたあない、jazz喫茶amp工房で50kwを回すとなると休業にしなくてはならず、断念した。今のプリウス発電用モータは集中巻きになってしまったから使えない。このように外装とロータシャフトを作ればプリウスモータ53kwも使える。

09175ひょうきんとお思いでしょうが、巻き線変更が何れ発生するから大きいモータの方が眼の衰えた我ら高齢者には作業がし易く、大型モータ選定の動機であります。モータ巻き線は現状のポリウレタン線を撤去してムンドルフのネットワークコイル(ofc純銅ポリウレタン線)をばらして巻きなおす。これも3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る大きなポイントとなる。

09174その巻き線変更の際に起こるのが極数、ステータスロット数、ロータスロット数の関係式の登場でややっこしい。ミルトさんがモータを巻いた経験上から「そんなに難しいですか?」と聞く。「はなっからモータを作る時は難しくないが、売っている3相誘導電動機を改造する際がややっこしい」と答えた。画像は見城先生がみえた時に巻き直しの相談をし、その際に書いて貰ったもの。ここへ踏み込むと生涯を極数、ステータスロット数、ロータスロット数関係式の底なし沼に捧げねばならず、やっちゃあいられない。

09176emt927のリラクタンストルク同期モータがこれ。スロット数は24あるから4極の場合は24/3x4=2>1となり基本に忠実なモータで空間高調波と呼ばれている電気振動の発生を抑えやすい。優秀とゆうより基本に忠実なフツーのモータと言える。

09177こちらはスロット数が16しかなく3の倍数ではないから3相モータでないことが分かる。16スロットは2の倍数だから単相モータのヒステリシスシンクロナスモータになり、これは使えない。

09178画像のモータは36スロットある。これは36/3x6=2>1で基本モータ。これの極(p)を増やすにはロータスロット数にもよるが毎極、毎スロットの対(q=1)にすれば36/3x12=1=1では見城先生の言われるセオリーから外れるが、3相誘導電動機の体は成す。更に通常は50hzや60hzで回しているが2hzや3hzの超低周波駆動は誰も評価していないから、案外活路があるのかも知れない。現在2.2kwの3相誘導電動機を手配中で、大きさが大きくなれば回転周速度も上がり同じ回転数でも磁界を切る速度は上がりトルクは大きい。慣性も大きくなるが摩擦のカイゼンが成されれば大きいモータの方が御し易い。もし使えなったら、又しても大型ゴミが...
はなっから開発では20極か24極か48極にする。その場合のスロット数は120と144と288となり世界に類を見ないモータで理想的、でありますからどうしても作りたい思いがある。次回はその手法についてほんのさわりを解説する。

|

« 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る2 | トップページ | 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る4 »