« 古民家オーディオシステムプロジェクト1 | トップページ | 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る12 »

2019年10月 9日 (水)

悪戦苦闘力学 イエロースコープ復活なるか?

10091自宅からお店までの距離1km弱、日に3往復はしている。5Lのamgを運転するには道路が狭く、必然的に歩く方を選ぶ。ただ真夜中に歩くと不審者扱いになるので注意しなければならない。その中間地点に田んぼがある。ここ3年くらいは農家の方も放置してしまい、雑草の生い茂るジャングルと化した。イエロースコープのトラブルでイエローが頭を離れず歩いていると、黄色い花が行く手を阻む。その黄色い花は外来植物のセイタカアワダチ草で、田んぼで土が肥えていたせいか?高さは3mにも達する。ワシントン条約の侵略的外来植物にも上げられている通り、強烈に強い雑草族。同じ侵略的外来植物のレッテルが貼られたオプンチアのウルガリスもストリクタも、セイタカアワダチ草から比べたら可愛いものだ。ここまではなんともないが、次がなんともある。先日の強風と雨で3mのセイタカが道路まで倒れてしまい、狭くなった。田んぼの持ち主も管理は出来ないのか、放置が続き歩きの邪魔になる。それと邪魔だからといって勝手に刈るのもマズイらしい。「雑草のように強く」と言うが、人様に迷惑を掛けるような強さは大いに困る。

100923相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作るの巻きも、エディタのmifsとイエロースコープが動かないと何も出来ない。そもそも開発主役のエイサーのノートパソコンが壊れてからケチの付き始めで、開発環境が崩壊状態になってしまった。先ずは30年も使い続けているエディタのmaifsで、パソコン苦手は右往左往しながら何とかエディット出来るまでにした。東芝の古いダイナbookのwin2000に動くソフトがあり、これをxpノートとタワーの2台へ移殖して、無事動作した。

10093続いて貧者の核たるイエローソフトのyideを古いダイナbookから、xpノートとタワーの2台へコピーした。貧者の核たる所以はイエローソフトの開発環境が高々6万円で購入できることにあり、日立のSD300で1500万円、インテルMDSで数百万円と高価で且つイエロースコープより機能は低い。さて本題に戻り、ソフトウエアを統一しようと元々入っていたyideを消してコピーしたため全く動かなくなってしまい、とんでもない失態をした。

10094こっちも同様に動かなくなってしまった。動いているのはダイナbookだけで、理由はソフトウエア使用許可ファイルのcdディスクが行方不明で、これを読み込ませないと動かない仕組み。ダイナbookは手付かずで許可が下りている。問題はイエローソフト社で、だいぶ前に廃業してしまった。イエローの中澤さんにはソフトウエア素人を随分と助けていただいて、感謝でありました。

10095調べるとL&Fでイエローを引き継いでいることが分かり問い合わをしている。L&Fはイエローの時代からH8のボードなんかを作っていたから、社名は承知していた。L&Fからamp工房クラフトロニクスの登録ありと、idまで送られてきてホッとした。登録は16bitのh8と32bitのshの両方あった。今更300hでも無いがsh7145など既にディスコン状態で、市販の在庫から購入することになる。l社のpd171は200khzの電流制御で、ターンテーブルでは世界最速を誇るがコマーシャルには登場しない。そのcpuはsh7286で、100mhzの動作が可能なsh-2aコア搭載のハイエンドプロセッサで、現在でも遜色ない性能だから、これが良いのかも知れない。

10096正確には2013年からソフト開発は停止しているから6年間のブランクがあり、いささか戸惑い気味。無帰還力学の3相誘導電動機ダイレクト駆動ターンテーブルを開発する上では、ソフトウエアとハードウエアの開発環境が必須となるため老体鞭打っている。ソフトウエア開発は覚えることが多く面倒で重い腰は上がらないが、レコードで今まで聴いたことの無い音が出せるとなればやるしかない。3相誘導電動機ダイレクト駆動ターンテーブルのすべりs制御はl社の上をいき、世界最速の256khzに挑みハイレゾの192khzよりも上にしてしまおう!

|

« 古民家オーディオシステムプロジェクト1 | トップページ | 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る12 »