« 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る13 | トップページ | 骨董力学 さらばorcad(オアキャド)! »

2019年10月19日 (土)

骨董力学 windows xpノートパソコンの献身

10191x骨董力学と言えば過去のロボット制御装置で、画像の大きい方が1984年開発の4軸dcサーボロボット制御装置になり、追加画像の小さい方は1994年開発の2軸acサーボロボット制御装置(4軸は同サイズの2軸を追加、グッドデザイン賞受賞)になる。この10年間の進化は大きさに現れ、とてつもないものがある。日本の産業界の進化は半導体の進化そのもので、あらゆる分野の集積度が上がり超小型へと形態を変えた。それらのもっとも大きな産物は価格が暴落したことで、利益が減り自分で自分の首を絞めた。時代はある程度の大きさを保ち、空気を売る程度の余裕があってしかるべきなのだ。スマホなんか空気を売る空間が全く無いほどギュウギュウ詰めで利益が減ったから、ソフトや通信費でお足を集めている。自分たちもやってきたから良く分かるが、時代の余裕度とは製品に含まれる空気の量にあるようだ。

10193マイクロソフト社はファンであるボーランド社をいじめたから嫌いだ。1990年には相棒の天才ソフトマンと嬉々としてサンノゼ南のスコッツバレーのボーランド本社を訪問し、懐かしくも楽しい思い出がある。そのマイクロソフト社はwindows xpパソコンのサポートを止めて久しく、最近はwindows7のサポートも止めるとパソコン雀達が騒いでいる。だがね、嫌いなマクロソフト社の最大の功績(当社比)はwindows xpのサポートを止めたことで、巷には大量の骨董品xpパソコンが氾濫している。何とかオークションでは2万円も出せば上物、1万円で運が良ければ上物のxpノートパソコンが買える。

10194xpノートパソコンを手に入れたら先ずは大掃除で、余分なソフトを落としクリーンナップをして最適化をする。中古パソコンは前持ち主のマニア度に影響され、大掃除に1時間も掛かったりする。次に本命のイエローソフトのwindows統合開発環境をインストールし、続いてエディタのmifsをインストールする。更に3相誘導電動機のサイン波テーブルを作るためにexcelもインストールする。これで開発用のxpノートパソコンは整う。プログラム.asmをエディタで打って、イエローでコンパイルのリンクでオブジェクトを作り、ターゲットのsh7145へロードすればイエロースコープが大活躍でデバックが出来る。この時間の速さたるやf1並みで、これ以上の高速はかえって邪魔になる。使い方が単純なせいか、妖しい挙動も無いしバグモドキも出ないし100%完璧に動くxpノートパソコンの献身に感謝で、嫌いなマイクロソフト社もまあいいか?

10198xpノートパソコンはどこの銘柄でも良い、とゆう訳にはいかず富士通としている。理由はロボットベンチャー黎明期、あの名機fm8をfaの現場へ業界で初めて投入に成功した実績を持ち、相棒の天才ソフトマンが富士通系出身であり、さらに最初の画像の大きな4軸dcサーボロボット制御装置には富士通のバブルメモリを使っており、これの開発でトラブッた時、困り果てて中原の富士通へ深夜駆け込んだらエンジニアが暖かく対応してくれた感謝にあり、更に工場を歩いていると歴史のアムダール事務所を見つけて日本のコンピュータの原点を目撃し、師と仰ぐコンピュータの祖、池田敏雄さんに繋がり、富士通のfmしかない!と決めている。

|

« 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る13 | トップページ | 骨董力学 さらばorcad(オアキャド)! »