« デジタル力学 20,000wデジタルパワーアンプの開発1 | トップページ | 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る14 »

2019年12月10日 (火)

音色力学 トランスだけのカニンガムcx350古典管パワーアンプ製作2

12101夕べに絶望し朝日に蘇る!人生常に苦難の連続で、朝にやる気とささやかな勇気を授けてくれたのはソニー・クラークトリオのSoftly, as in a Morning Sunrise(朝日のようにさわやかに)でした。ロボット会社を辞してからはプータロー状態でこの苦難が減ってしまい、ソニー・クラークトリオは全く聴かなくなった。果たしてこれは良いことなのか?悪いことなのか?ただ懐かしさで、たんとはいらね~主義は又してもcdを手配してしまった。rvgのヴァン・ゲルダーリマスターの言葉にやられてだが。BLP 1579 Sonny Clark Trio 1958、Sonny Clark, piano; Paul Chambers, bass、 Philly Joe Jones, drums Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 13, 1957(Softly As In A Morning Sunrise)録音1957年、リリース1958年はampex350ステレオの時代で、ハッケンサックの録音は音が良い。オリジナルでmono盤rvg刻印付き深溝アドレス47 WEST 63rd NYCは数万円と高価で、レコードには手は出せない。クール・ストラッティンと合わせて超人気盤です。この時代片面だけ深溝とか、片面だけアドレス47 WEST 63rd NYCとか、ブルーノートの管理のいい加減さから純粋にオリジナル盤でないものもあり、オリジナル盤蒐集には注意がいる。

12102音色力学のトランスだけのカニンガムcx350古典管パワーアンプ製作では、先ずofc純銅水晶粒防振トロイダル電源トランスの製作から入る。テンポラリーのcx350パワーアンプで使用していたトロイダルトランスを解体して巻き解く。

121032次側巻き線を全部巻き取り1次側巻き線100vのみとする。初期の傑作平面対向巻きの名残で半分しか巻いていない。1次側に電流検出抵抗の10Ωを付ける。

12104スライダックで正確にac100vrmsとして、この時の10Ωの電圧降下から電流を算出する。454mv/10Ω=45.4ma、100v/0.0454=2.2kΩ、l=2200/6.28x60=5.8hと出る。このやり方にk工業k氏から異議申し立てがあり、当方もベクトル計算をすっかり忘れてた。トロダルトランスの場合zが1kΩと大きく、検出抵抗が10Ωと小さいため殆どベクトルは90度位置にありこの計算で成り立つが、インダクタンスが小さい場合はしっかりベクトル計算をしなくてはならない。

12105励磁電流の良し悪しは後程として、220tくらいの少な目にしておかないと+b電圧350vの巻き線が増えてしまい、たまらん。平面対向巻きはトランス結合係数上不利なので、最近は均等巻き線に変更している。220tを均等巻きにするのだが、これが間延び巻き線になるから案外難しい。

12106均等巻きが終わったところで電流を測定する。46.3maと出て、概ね平面対向巻きに近似で良好と判断した。電流波形は不細工と言われてしまうが、これで美しい波形なのです。タムラのトロイダルも似たような電流波形、たいていは電圧波形しか見ていないから判断はつかない。インダクタンスが少ないと磁気飽和に近づきピークの出た電流波形の場合はアウトです。

12107ここで1次側励磁電流の良し悪しの判断をする為に、金田式タムラのトロイダルトランスpr7909sの励磁電流を測定する。44.6ma、5.9hと出て偶然だが一致した。一流メーカのトランス並みにしておけば後ろ指指されない。従来は10ma程度と極度に励磁電流を減らしていたが、これはやり過ぎの感があり世間並みにしよう。

12108次はひたすら350v巻き線をやる。220tで100vは350v770tとなり、まあ多い方である。カルダスチョークインプット式電源は実績で350vx1.2=420vとなる。ここでもしルテニウム振動式整流器が完成したとすればチョークは撤去されるので+b電圧は√2となるから300v660tの巻き線を途中でタップとして出しておく。

12109テスト通電する。なんてこった!炙られた臭いがしてこりゃあ大事件だ。これで、ささやかな苦難に落ち込んでいる我が姿に昔を思い起こせば、今は何でもない...か。ofc純銅巻き線はトリテックのネットワークコイルを一部に使ってあり、樹脂で固められていた後遺症でofc線が汚らしい。それを巻き直す時、ウエスでゴシゴシ過熱させて表面樹脂を剥離した際に、ポリウレタンの絶縁皮膜までダメージを与えてしまったようだ。高電圧印加で隣同士が短絡状態になり、局部短絡電流が発生し過熱した。全く余分なコトをしてしまった。全部巻き解いて間隔を広げながら巻き直すしかない。cx350古典管パワーアンプのトロイダルトランスはマルチシステムの為4x4=16個作らなくてはならなず、その1個が今始まったばかり。問題は腕と指で、やたら関節が痛くて、ウッ!コンドロイチンが...

|

« デジタル力学 20,000wデジタルパワーアンプの開発1 | トップページ | 無帰還力学 3相誘導電動機でダイレクト駆動ターンテーブルを作る14 »