« 泥縄力学 鉄心入りインダクタンス測定用ワークステーションを作る 了 | トップページ | 音色力学 ab international 900aパワーアンプのスーパーチューニング 1 »

2020年3月 5日 (木)

無意識力学 スピーカネットワーク考 了

203051m+aさんや名工ミルトさんに「スピーカやカートリッジは時代の文化だから作れないし、作ってはいけないのだ!」などと偉そうに話していたが、密かに奇想天外な磁気回路を持つスピーカの秘策を練っていた。こっちはモータ屋だから磁気回路は得意で、ネオジでもサマコバでも自在に高性能磁石は作くれるが、磁石交換だけでの音色変化は小さく、投資効果は出難い。そこでターンテーブルで磁石を捨てたように、スピーカでも磁石を捨てよう。音色調整が可能な励磁(フィールド)型にすべきで、この方式はあっちこっちでやっており「フィールド凄い!」と評判になっている。我がフィールド型は磁気回路を電磁軟鉄のsuyとして磁気抵抗を低くし、電源をルテニウム整流回路とし、水晶粒防振構造化し易い形状の磁気回路形状とし、ハイライトはボイスコイルに1.75スクエアのカルダスケーブルを巻く。この際にテフロン製の被覆は剥いて、細く軽くなるような細工をする。カルダスの中に細いケーブルもあるが、音が良くなく使用出来ない。これにより重くなるからf特はボイスコイルモータの実績からせいぜい400hz、よって1003bの288-16gで300hzまで出したろ。

203052巻き数は減らすからインダクタンスも減りインピーダンスは4Ωくらい。cx350アンプの出力トランスは4Ω対応に巻き直せばよい。フィールド電源が音色を決める真骨頂だから今までの成果を全て投入しよう。そこまでやるなら全部作ったら?のご意見もあるでしょうが、我らaltec党は416や515やetcのジャンク(ボイスコイルを焼いてしまったようなもの)を集めて、フィールドで蘇らせるコトに喜びを感ずるのであります。

203053無意識力学のスピーカネットワーク考では、515b用の鉄心入りインダクタンスでウンウンしている。そこで515bと特性を調べたが古過ぎて出てこない。仕方がないので515-16gのデータを使うことにした。

203054515-16gボイスコイルのインダクタンスは1.3mhでそれの直流抵抗が11.3Ω。それと等価な画像のものを作りネットワークコイルと接続して、コイルの等価インダクタンスを測定する。

203055xxその回路図がこれ。LTspiceで描いてありシュミレーションと実機の比較をして、確実性の確保をする。

203056画像は実機のセットアップ状況。Φ350mmカルダスネットワークコイルの真ん中に515-16gモデルのコイルと抵抗を入れてあり、これに周波数と電圧を与えて電流を測定する。次がその実測データ。515-16gではdcr=11.3Ω、インダクタンス=1.3mh、合成インピーダンス=12.3Ω、これにcx350出力の4w印加する。4=ixix12.3、i=0.57a、ab9220aアンプ600hz測定、電流を0.58a流した時の電圧2.277vrms、z=2.277/0.58=3.93Ω、l=3.93/6.28x600=1.04mhと出た。なんと電源の周波数60hzで0.5a流した時8.6mhと出ていたものが大違いになった。

203057上記回路図の値は正解でそのシュミレーション結果ががこれ。印加周波数と電圧がinでスピーカの電圧が515b。iは回路電流。これが正解の波形になる。

203058そこで1.04mhとしてシュミレーションしてみる。

203059その時のクロスオーバー特性をシュミレーションしてみる。結局はその使用周波数帯と電圧電流に近い値にしないと、その時のインダクタンスは正解に出ないことになった。これは何としても市販の値明記のインダクタンスを手に入れて測定する必要がある。

2030591それで納得した。Φ350mmカルダスコイルは値が小さすぎて515bを直結に近くなり、ムンドルフの7.8mhが無いと同じで、これはマルチアンプの接続になった。その時の音は余りにも濁りが無く拍子抜けしてしまった。これは今までに我がaltecシステムでは経験の無いことで、しかし失敗かと慌てて元に戻したが、ムンドルフの7.8mhでは音が汚く聴く気がしなくなってしまった。なんてこたあない、マルチアンプ方式を先にやってしまったようなもので、ネットワークコイル用のコアも確保したが作る意味を持たなくなり、これにて無意識力学スピーカネットワーク考は了とします。今までもマルチアンプシステムを手がけてきたがこうゆう変化に遭遇していないから「まあネットワークでもいいんじゃあない」等と軽く言ってきたが、今はマルチアンプシステムじゃあなければダメ、となる。
コロナ対策:
静岡市保健所はフィットネスクラブでの感染は殆ど無い!と明言しています。それを信用するか信用しないかは個人の決め事だが、今回ばかりは疑わしきをダメとしています。よって清水(市)にコロナが来た時点で、このブログも停止しamp工房も完全停止します。個人的には戒厳令下と決めて自宅に篭城します。その為に水食料を買い込んでいる(買占めではない)現在であります。

|

« 泥縄力学 鉄心入りインダクタンス測定用ワークステーションを作る 了 | トップページ | 音色力学 ab international 900aパワーアンプのスーパーチューニング 1 »