« 素材力学 ルテニウム振動式整流器25 | トップページ | 振動力学 10kw高速サーボアンプ開発その1 »

2020年5月29日 (金)

泥縄力学 goot HG-900ヒートガン修理の巻き 了

2n05250コルトレ-ンの最高傑作はA-95 John Coltrane - Ascension, Edition I 1965,Freddie Hubbard, Dewey Johnson, trumpet; Marion Brown, John Tchicai, alto sax; John Coltrane, Pharoah Sanders, Archie Shepp, tenor sax; McCoy Tyner, piano; Art Davis, Jimmy Garrison, bass; Elvin Jones, drums.Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 28, 1965と決めています。これに素直に反応するのがkuraiman社長氏とt-mon君で凄い柔軟性です。このEdition I などとゆう意識は無くmono盤オリジナルを持っていますが、当然発行部数は少ない。これがコルトレーンは気に入らないようで、ボブ・シ-ルに「これは良くない別テイクにしよう」「何言ってんだい、お前さんが決めたんだろうが」そこでA-95 (later) John Coltrane - Ascension, Edition II 1967,same session.Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 28, 1965となる訳です。何が最高傑作かって?エルヴィンさんの顔を見て欲しい、余りのフリーに考え込んでいます。またマッコイはもうあかんと諦め顔、何でもビジネスのボブ・シール、自信に満ち溢れたコルトレーン、俗に言う黄金カルテットの終焉の序章で最高傑作としています。

2n05251アセッションを聴いたら身辺整理の機運となり、泥縄力学のgoot HG-900ヒートガン修理の巻きを完了させることにしました。rsから購入したスナップスイッチにしくじりがあり、再度の手配など延び々となっておりました。修理に当たり回路図をちゃんと描いて作業しますから、間違いはありません。画像の右の本体半分の後方にスナップスイッチ用のΦ6.6mmの穴を開けます。元々のグリップの位置にスナップスイッチを取り付けると扱いづらくなります。

2n05252続いてスナップスイッチの配線ですが、小型過ぎてハンダ付けに苦労します。バイスに固定して配線で、ここで活躍が新しいヒートガンのHG-905です。接続部は確実にヒシチューブで絶縁します。

2n05253スナップスイッチが小型で容量も小さく頼りありませんが、動けばいいさ。但しスナップアクション加重は小さく、何かに触れただけで勝手にスイッチが入る恐れあり。

2n05254_20200527171401長年のヒートガンの使用で加熱が続いたから、止めネジ類は殆どダメで、100均のビニルテープを巻いて固定します。左が修理完のHG-900で右が新品のHG-905です。

2n05255中華も並べて揃い踏み。何と言っても黄色丸印のHG-900で、原始的な機構に係わらず実に滑らかに加熱冷却します。デジタル式なんかよう分からん、ムダに複雑にしてこうゆうのをイラン世話と言う。とゆうことでHG-905と中華の新品は箱に入れてお蔵です。

2n05256ところでcdのアセッションはエディションⅠとエディションⅡが1枚のcdに入っており、デジタル時代はこうゆうことが簡単に出来てありがたい。ベースはダブルベースで手前は小柄ながらコントラバスをギターのようにかきむしるジミー・ギャリソンでエルビンさんのお気に入り、奥はジュリアード出のクラシックも弾くアート・デイビスでコルトレーンのお気に入り。jazzの巨人がキラボシの如く居た1960年代前半、エディションⅠとエディションⅡのどっちが良いかって...
そりゃあともかくこの怒涛を聴いてください。

|

« 素材力学 ルテニウム振動式整流器25 | トップページ | 振動力学 10kw高速サーボアンプ開発その1 »