« 音色力学 驚異のリマスターcd 「Light In The Attic Records」のGabor Szabo Jazz Raga 再び | トップページ | 音色力学 jvc k2 20bit 大研究 »

2020年6月14日 (日)

奇想天外力学 超効率発電機

206151_20200613031701画像出展:wikipedia
奇想天外をwikipediaで調べると、アンゴラ砂漠に生息する植物の奇想天外(Welwitschia mirabilis)も出てきてしまい、随分昔を思い出した。昭和30年代に遡るが、サボテンの栽培書にも登場していた奇妙な植物で、何でこれを多肉植物の分類に入れていたのか当時は疑問に思った。さて何でもありの今日はこの珍種の苗でも入手できるが現地株とはだいぶ異なり、最終目標は画像のような現地のオリジナル株になる。しかし1,000年も生き延びる奇想天外のような絶滅危惧種は、ワシントン条約で動植物の移動を厳しく制限しているため、持ち出しなどあり得ない。

206157レコードも似たようなもので、家宝にすれば1,000年も生き延びるかも知れない。だからオリジナルのレキシントン盤をどうしても欲しくなるのだが、こっちはとうに絶滅しているからもっと厄介だ。あ!この話ではない。wikipediaの奇想天外は「奇想天外より落つ」としてあり、天からとんでもないものが降ってくるの意となっている。あんぷおやじ流儀の奇想天外は「勘違いや思い込み」を主成分とした思考と決めており、謂わば妄想族にも近い。その「勘違いや思い込み」の主成分から隠しきれず滲み出すのが奇想天外となる。超効率発電機はその典型で、もしかしたら博士の「勘違いや思い込み」かも知れない。そのせいか1人去り、2人去り、遂にはあんぷおやじ1人になってしまったが、妄想族真骨頂のあんぷおやじは天からとんでもないものを降らせたろ!と団塊最後のやせ我慢です。

206152驚いたのが超効率発電機の開発年数で、開始は2012年となっているから丸8年もやっていることになる。意識は、もう5年もやっている~と勘違いしていた。社長にはスマンことをしたが、これらの機械加工部品にはベンツが買える位投じてもらった。日立の先輩が社長の会社だからありがたいことで、野に下がっても日立obは連帯感がある。画像の部品が重力因子で多次元ベクトル合成で発電するための基幹構成部品となる。

206153次男坊は自動車屋もやっており、メカニックも本職なので急遽組み立てに参加してもらった。ギアなどはもろに効率に影響するため歯車を専用に設計したが、特殊歯車過ぎて加工費が膨大になり断念、仕方がないので効率は落ちるが市販の歯車を使った。高精度組み立てに必要な大型定盤が無いものだから、水平出しなど苦労の連続だった。

206154組み立て終わった超効率発電機の勇姿を見ろ!余りの美しさに成功を確信した...のもつかの間で、テコでも動こうとしやあしない。反応はさまざまだが、みんな黙して「大枚スッた!」と落ち込んだ。その中で当事者の博士の行動が奇想天外で、反省の弁や、いい訳が出ないところが天才の所以か?こっちは信念として美しいものは大丈夫!と決めていたが、原理原則に係わる発明においては、美しさなど真理の壁に微塵に砕け散った。この不動が第3次超効率発電機となる。

206155xxx在籍していたロボット会社もそうだったが総括しない所に救いがある。第4次超効率発電機開発まで会社として資本投下してくれたが、ここで終了。画像のものは第5次超効率発電機で、この段階からあんぷおやじの僅かな原資で開発を続けている。構成部品の多くをmcナイロンとしているため、チープなボール盤でも何とかなる。180度と270度にゲインを持つ超効率発電機など存在していないから凄いことには違いないが、奇想天外過ぎてエネルギー開発機構(nedo)へ持ち込んでも相手にされない。公の機関は先ずアカデミックがベースで識者の意見が...となるが識者が問題なのだ。昔、清商の美術部キャップテンのサナダ君の言ってた「アカデミックを破壊しろ!」が、今頃そうだと思える。博士は「今度は大丈夫」とは決して言わない「今度はxxx機構で発電トルク力の発生が証明された」とな。

206156漸く梅雨に入り豪雨と聞いたものだから早めの夜勤で出社した。待てども一向に豪雨など来やあしない。当たらない気象予報士が平気でtvに出ているが、反省の弁など聞いたことがない。仕方がないので小音量で「Bill Evans - The Complete Live At The Village Vanguard 1961 (Riverside (J) VICJ 60951/3)
Bill Evans, piano; Scott LaFaro, bass; Paul Motian, drums.Bill Evans - Sunday At The Village Vanguard (Riverside RLP 376)"Village Vanguard", NYC, soiree 3, June 25, 1961Jade Visions 」をかける。この3枚組はjvcのオリジナルで、クレジットに「(J) VICJ 60951/3」こう表記されている。だからjvc自慢のk2,20bitで音が良い訳だ。このジェイド・ヴィジョンズ「Jade Visions」のスコット・ラファロのベースがギリギリと弦がしなり、我を忘れて深夜に大音量を出してしまった。トランスだけカニンガムcx350管アンプの音もまた、奇想天外なのだ。

|

« 音色力学 驚異のリマスターcd 「Light In The Attic Records」のGabor Szabo Jazz Raga 再び | トップページ | 音色力学 jvc k2 20bit 大研究 »