« 素材力学 ルテニウム振動式整流器26 | トップページ | ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary (別冊ステレオサウンド)発刊 »

2020年6月 4日 (木)

電磁力学 Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, じゃあなくて WOR Studios, NYC!

206021xx遅きに失した感がおおいにありの我がjazzオーディオシステムで、今更手遅れでね~。長年、ルディ・ヴァン・ゲルダーをjazz録音の師と仰ぎjazzオーディオ再生に精進してきたが、画像のレキシントン盤から伝わるエネルギーはWOR Studios, NYC なのだ。特にjazz業界に影響力のある御仁の発言は支配的で、長い間振り回されてきた。確かにjazzの多くはヴァン・ゲルダー・サウンドになり、その録音機材はノイマンのu-47コンデンサマイクとampex300or350で、キメ細かいが厚い音になる。流石にこれにはWOR Studios の連中も「参りました!」と席をヴァン・ゲルダーに明け渡してしまった。
206024 余談だが、現代でこれを超えた録音をしようとしたら録音技術は圧倒的に進化しているから、ヴィンテージものを完璧に揃えればヴァン・ゲルダーを越えられるでしょうが、残念ながらコルトレーンはもう居ない。ヴァン・ゲルダーがノイマンと結託してコンデンサマイクを普及させたのでしょうが、それ以前のWOR Studios はダイナミックやベロシティを使っていたと想像する。ダイナミック(電磁力学)とコンデンサ(静電力学)の性質の違いがこの2者の音の違いとなっている。ヒットラーの声を如何に拡大して遠くへ飛ばすかで作られたコンデンサマイクの性能は圧倒的に良いのだが、分厚さは高感度と引き換えに減少してしまった。

206023そもそものきっかけはブルーノート1500番台の僅かだが、lpのライナーにはレキシントン住所で録音クレジットの書いてないものがあった。リマスターがヴァン・ゲルダーとなっているからなぜ?と調べて、WOR Studios の存在に気付いた。最初はヴァン・ゲルダーが師ですから「なんだよこのWOR Studios 録音は、損した!」だったが、音色力学の向上で状況は逆転した。誰も注目しない?WOR Studios, NYC 録音の中古cdなんか2足3文も多く、レキシントン盤オリジナルの蒐集に比べたら随分楽なものよ。ブルーノートに限定して全部集めても僅かこれだけ。

BLP 1501 Miles Davis, Volume 1 1955
Miles Davis, trumpet; Jay Jay Johnson, trombone #1-4; Jackie McLean, alto sax #1-4; "Gil" Coggins, piano; Oscar Pettiford, bass; Kenny Clarke, drums.
WOR Studios, NYC, May 9, 1952
BLP 1502 Miles Davis, Volume 2 1956
Miles Davis, trumpet; Jay Jay Johnson, trombone; Jackie McLean, alto sax; "Gil" Coggins, piano; Oscar Pettiford, bass; Kenny Clarke, drums.
WOR Studios, NYC, May 9, 1952
BLP 1503 The Amazing Bud Powell, Volume 1 1955
Fats Navarro, trumpet #1-4; Sonny Rollins, tenor sax #1-4; Bud Powell, piano; Tommy Potter, bass; Roy Haynes, drums.
WOR Studios, NYC, August 9, 1949
BLP 1504 The Amazing Bud Powell, Volume 2 1956
Bud Powell, piano; Tommy Potter, bass; Roy Haynes, drums.
WOR Studios, NYC, August 9, 1949
BLP 1505 The Eminent Jay Jay Johnson, Volume 1 1956
Clifford Brown, trumpet; Jay Jay Johnson, trombone; Jimmy Heath, tenor, baritone sax; John Lewis, piano; Percy Heath, bass; Kenny Clarke, drums.
WOR Studios, NYC, June 22, 1953
BLP 1506 The Eminent Jay Jay Johnson, Volume 2 1956
Clifford Brown, trumpet #1,2; Jay Jay Johnson, trombone; Jimmy Heath, tenor, baritone sax #1,2; John Lewis, piano; Percy Heath, bass; Kenny Clarke, drums.
WOR Studios, NYC, June 22, 1953
BLP 1509 Milt Jackson And The Thelonious Monk Quintet 1956
Sahib Shihab, alto sax #1-3; Milt Jackson, vibes; Thelonious Monk, piano; Al McKibbon, bass; Art Blakey, drums.
WOR Studios, NYC, July 23, 1951
Lou Donaldson, alto sax #1,4,6; Milt Jackson, vibes; John Lewis, piano; Percy Heath, bass; Kenny Clarke, drums.
WOR Studios, NYC, April 7, 1952
BLP 1510 Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Volume One 1956
Idrees Suliman, trumpet; Danny Quebec West, alto sax; Billy Smith, tenor sax; Thelonious Monk, piano; Eugene Ramey, bass; Art Blakey, drums.
WOR Studios, NYC, October 15, 1947
BLP 1511 Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Volume Two 1956
Idrees Suliman, trumpet; Danny Quebec West, alto sax; Billy Smith, tenor sax; Thelonious Monk, piano; Eugene Ramey, bass; Art Blakey, drums.
WOR Studios, NYC, October 15, 1947
BLP 1520 Horace Silver Trio And Art Blakey-Sabu 1956
Horace Silver, piano; Gene Ramey, bass; Art Blakey, drums.
WOR Studios, NYC, October 9, 1952
BLP 1526 Clifford Brown Memorial Album 1956
Clifford Brown, trumpet; Lou Donaldson, alto sax; Elmo Hope, piano; Percy Heath, bass; "Philly" Joe Jones, drums.
WOR Studios, NYC, June 9, 1953
BLP 1531 The Fabulous Fats Navarro, Volume 1 1957
Fats Navarro, trumpet; Ernie Henry, alto sax; Charlie Rouse, tenor sax; Tadd Dameron, piano; Nelson Boyd, bass; Shadow Wilson, drums.
WOR Studios, NYC, September 26, 1947
BLP 1537 Lou Donaldson Quartet/Quintet/Sextet 1957
Lou Donaldson, alto sax; Horace Silver, piano; Gene Ramey, bass; Arthur Taylor, drums.
WOR Studios, NYC, June 20, 1952
206022みみっち~い話で誠に恐縮です。レキシントン盤の上物は何万円もしますが(10万円クラスも多い)、cdの場合は中古品でしかもオークションで如何に安く手に入るかに奔走している。理由は明快で、リマスター時のテープデッキにampex300の真空管式は登場しませんから、レキシントン盤のオリジナルと復刻盤ほど差はつかない。500円だの600円だのに一喜一憂するのが庶民感覚でよろしい。それにWOR Studios モノは数が少なく、全部購入するのに3日もあれば終わってしまう。横道へ逸れるが晴天の昼間はめちゃくちゃ音がひりつき、それに比して雨の深夜はまことにクリーミーとなり、力強さは際立つがザラメ的録音のWOR Studios, NYC を聴くならば、この環境に限る。

206028理由は単純明快で、昔清水港にあった、いや今も残っているか、日本軽金属(ボーキサイトからアルミナからアルミ精錬所)向けの共同火力発電所(156,000kw、中電と軽金の共同で余剰時グリッドへ流入)の跡地に、中電が今度はメガソーラー(8,000kw)を設置して普通の電力発電所にした為グリッドへ流入し、発電機の電磁力学エネルギーに半導体力学エネルギーが混じり音が悪くなった。今年は雨が少なく深夜に大音量は出せない、梅雨よ何処に?

|

« 素材力学 ルテニウム振動式整流器26 | トップページ | ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary (別冊ステレオサウンド)発刊 »