« 振動力学 10kw高速サーボアンプ開発その8 | トップページ | 音色力学 JOHN COLTRANE COMPLETE PRESTIGE RECORDINGS 国内盤 18CD BOX は k2 20bitか?大研究 »

2020年7月24日 (金)

7月17日はコルトレーンの命日、だがまだ終わっていない。

200717x「1967年7月16日、日曜日の朝、ジョン・コルトレーンは、救急患者としてハンティントン病院にかつぎ込まれた。翌7月17日、月曜日の朝、彼は病院で死んだ。死因は肝臓癌。午前4時だった。」と、「コルトレーンの生涯」にはそう記されている。日米の日差は概ね1日だから、日本では7月18日か、その翌日の朝刊で知った。オーディオショップ(あかほり)さんのレコード棚から誰かが見ている...とクル・セ・ママに気付いたのもこの時期で、50年以上もコルトレーンを聴き続けるなど想像も出来なかったし、やはり人生とは奇想天外だ。

2007171xx2020年7月16日、木曜日の朝、当日は研修日と来客があり、音を出して歓迎せねばとトランスだけcx350管オーディオシステムの電源を入れる。ブ~ンとハムり、プッと音がして事切れた。異常な梅雨の長雨で湿度が上がり多分ofc純銅電解コンデンサがショート状態を起こし壊れた、と予測した。翌7月17日、金曜日は1日出張で不在となり対応できず、その後も何も出来ないでいる。偶然と言えば偶然なんでしょうが、偶然とは思いたくない。きっと何かがあったに違いない。とゆう訳で、今年のコルトレーンの命日は、まだ終わっていない。

|

« 振動力学 10kw高速サーボアンプ開発その8 | トップページ | 音色力学 JOHN COLTRANE COMPLETE PRESTIGE RECORDINGS 国内盤 18CD BOX は k2 20bitか?大研究 »