« 音色力学 エリック・ドルフィ out to lunch! 狂想曲 | トップページ | 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカ開発その1 »

2020年8月23日 (日)

音色力学 jvc k2 20bit 大研究 番外 ビル・エヴァンス

2008151割烹わかすぎの若旦那に感心するのは「オーディナリー(Ordinary)=普通or平凡なが一番!」と唱えて、オーディオ感性が変に汚染されてない。celloのパフォーマンスは、コルトレーンやビル・エヴァンスやガボール・ザボを聴くために導入した稀代のハイエンドパワーアンプだったが、当時は力不足でそれは敵わなかった。現在の若旦那のパフォーマンスは小規模だがあんぷおやじ流儀の改造が施されており、ビル・エヴァンスも結構いける。その若旦那のビル・エヴァンス3枚組みk2 20bitの発見のお陰で、ビル・エヴァンス騒動記に終止符が打てたから感謝している。だが当人にとっては k2 20bitはなんか何ら意味を持たず、ただ聴いて音が良かったから「これだ!」と言っているに過ぎなかった。

2008152ただ音を聴いて「これだ!」で済まないのが我ら屁理屈オーディオ屋で、反省はしているが一向に直る気配は無く、相変わらず駄耳でしくじっている。そのために、レコードのオリジナル盤は何枚か所有し、画像のjvc赤箱レコードのコンプリート・リバーサイド・レコーディングスと、今は高額になったアナログ・プロダクション(米国)45rpmのコンプリート・リバーサイド・レコーディングスなど、ムダと思えるほどビル・エヴァンスには投じている。

2008153これが1999年12月16日発売のjvcのcd、ビル・エヴァンスのコンプリート・リバーサイド・レコーディングス、vicj-60400~60411の12枚組。歩いていける距離に「すみや」があった頃で、仕事が一段落したから自分へのご褒美で買った。買ったがk2 20bitが凄いなどとは10年以上が過ぎてから判明して、随分とぬかった話だな。現時点ではレコードのオリジナル盤よりこっちの方が音が良い。リバーサイドのレコードオリジナル盤はヴァン・ゲルダー録音のような分厚さやエゲツなさが無いので、案外cdでもいけるかも。

2008154これが問題発覚のビル・エヴァンス3枚組のザ・コンプリート・ライブ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード1961で、若旦那の買った時は4千円台後半、こっちで買った時は3千円台後半と安くなった。後に輸入盤も発売されて、これとの比較がその後の輸入盤に対する評価に影響を及ぼす。勿論上のコンプリート・リバーサイド・レコーディングスにも含まれているから、ヴィレッジ・ヴァンガードの売れ筋を切り出したもの。jvcと輸入盤を含めて3回も買ってしまった、曰く因縁つきのcdです。

2008155残念ながら、いや残念でもないか、上のライブ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガードは同じk2 20bitでも「1999年12月16日発売のjvcのcd、ビル・エヴァンスのコンプリート・リバーサイド・レコーディングス、vicj-60400~60411の12枚組」の音質を僅かな差だが越えられず、現時点で理由が分からない。12枚組みは何が違うかって、音に潤いがあって絶対的安心感がある。

2008158_20200823045101そこで1枚犠牲になってもらった。disc2の3曲目、peace pieceの為に本邦初のフィボナッチ数列半球型水晶粒防振構造化をやった。このピース・ピースを越えるピース・ピースは存在していないし、オリジナルレコード盤よりも細かい音のニュアンスが表現できて、してやったり。レコードはRLP 12-291
Everybody Digs Bill Evans、Bill Evans, piano; Sam Jones, bass、 Philly Joe Jones, drums.NYC, December 15, 1958 のオリジナル盤、対比はこれでやっている。

2008156 トドメが1998年3月25日発売のxrcd ワルツ・フォー・デビー vicj-60141となるのだが、やはり12枚組より僅かだが線は細く敵わない。最強はヴィレッジ・ヴァンガードでサインをもらったことくらいか?こうしてjvc k2 20bitの大研究番外ビル・エヴァンスを進めてみたら、「1999年12月16日発売のjvcのcd、ビル・エヴァンスのコンプリート・リバーサイド・レコーディングス、vicj-60400~60411の12枚組」と結論がつき、このbox1個を買えば良いのだから、ビル・エヴァンスはとってもシンプルになる。

2008158ここからはおまけ。
日本は世界に冠たるjazz大国で日本の風土に根付き、多くのレコードやcdが発売されている。フランクフルトでビニールオンリーのお店(レコード店)に入ったら、日本盤は最高級の扱いを受けていた。画像のディスコグラフィによると、ビル・エヴァンスのコンプリート・リバーサイド・レコーディングスのboxものは、これだけ世界で発売されている。しかも5種類のうち日本が3種類とダントツに多い。

2008157ところがです。
更にこれが見つかった。vicj-40089~100で4xxxx時代の他のものと一緒に発売になっている。これはディスコグラフィの落ちと思うが、これで日本は4種類も発売していることになった。更にです、jcvはこの時代ビル・エヴァンスを特別扱いしてk2 20bit化している。同時期のエリック・ドルフィはk2 20bitになっていないのにさ!

|

« 音色力学 エリック・ドルフィ out to lunch! 狂想曲 | トップページ | 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカ開発その1 »