« 木曽路 | トップページ | セロニアス・モンク考とk2 20bit 了 »

2020年9月30日 (水)

電源力学 2020ofc純銅電解コンデンサ製作1

2010011キリストに対して上から目線など、不埒以外の何物でもないとたいていの人は言う。サルバドール・ダリが1951年に描いた「十字架の聖ヨハネのキリスト, Christ of Saint John of the Cross 」でカンヴァスに油彩、205cmx116cmケルビングローブ美術館・博物館蔵、小生の画集にはグラスゴー美術館蔵となっている。これはダリが類稀なる発明家であることを表し、発明家は科学者でもある。ダリ技法は写真の精密なる再現となれば、このようにモデルを吊るしたのだろうか?この絵はキリストを上から見たのだから、見方を変える、視点を変える、にドンピシャ当て嵌まりそうゆうことだが、初めてやった荒技だから凄い。凄いが髪の毛の表現など、ダ・ヴィンチには敵わない。オーディオも視点を変えてやぶ睨みしよう。

2010012朝起きて何をしようか?ではなくて、何をこなすべきか?はこのご時世にありがたいことです。又してもカニンガムcx350ラインアンプ用やぶ睨み技法のofc純銅電解コンデンサがパンクして、こなすべき事柄が増えた。ただもういけません。7月に修理したばかりで2ヶ月しかもたないのは工法に問題ありと判断して、全く新しく作ることにした。どうせ作るならば標準化を図ろう。コンデンサ本体はΦ350mmの紙管、水晶粒防振ケースはΦ400mm紙管、これを用いて400v50μfのofc純銅電解コンデンサの標準化すると同時に、現時点では構造上消耗品でもあるから、単体品としてメンテナンスを容易に出来るようにする。

2010013材料を目の前にして思案していた。鍵の掛かった店の入り口のドアがガタガタしたかものだから慌てて飛び出すと、庵原のスーパースターのかっちゃんが馬(パジェロ)で来たのだ。かっちゃんは昔と何も変らず不動であり、苦労を表情に残さず子供の頃そのままは自由に生きてきた証で、そうゆう人生を歩んできた人間は若い。「草むしりをしながらエヴァンスのboxものを聴いたら実に良かった、じっくり聴く時間が今までは無かった」としみじみ語る。「jazzも何百何千とあるが、コルトレーン、エヴァンス、セロニアス・モンク、マイルスのboxもんさえあれば十分」とこっちの現在を話す。56年も付き合っているかっちゃんとは兄弟みたいなもので、良き仲間に恵まれたことにも感謝すべきだろう。

|

« 木曽路 | トップページ | セロニアス・モンク考とk2 20bit 了 »