« 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その6 | トップページ | ダメージ加工と古着 »

2020年9月18日 (金)

セロニアス・モンク考とk2 20bit その1

2008251セロニアス・スフィア・モンク(Thelonious Sphere Monk、1917年10月10日 ~ 1982年2月17日)は、「いつも自分の世界に隠遁していて、めったに人と会おうとしない男である...電話をもらうのが大嫌いで、電話に出て返事をしたとしても、ただ「モンクは留守です」と言って受話器を下ろすだけのことである」とj.cトーマスはモンクを表現している。また、「演奏のことだろうか?麻薬のことだろうか?ボクサー級のマイルスのパンチを浴びて袋叩き状態だった。見かねたセロニアス・モンクはコルトレーンに”サキソフォンを吹きたいからからって、こんなことまで我慢することはない。私の所で仕事をしてみないか?」とコルトレーンを助けた。

20082592こう書くといかにもマイルスが悪いみたいだが、コルトレーンはクスリで相当に酷かったからマイルスはこうするしかなかった。それが証拠に、ファイブ・スポットでモンクとコルトレーンの競演を聴いてからなお更マイルスはコルトレーンに是非戻ってきて欲しいと思った。マイルスはある日コルトレーンに電話をかけ「バンドに戻ってきてほしい」「いいよ」と簡単明瞭な答えが返ってきた。かくしてマイルスの6重奏団の傑作「マイルストーンズ」が録音された。よってマイルスも飛びっきりいいヤツだ。この時既にコルトレーンはクリーンだったし「ストレート・ノー・チェイサー」を聴けば、ラウンド・アバウト・ミッドナイトと違い自信に満ち溢れた演奏をしている。ストレート・ノー・チェイサーもラウンド・アバウト・ミッドナイトもセロニアス・モンクの曲です。

20082591 コルトレーンが世話になったからレキシントン盤の「BLP 1510 Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Volume One 1956、Idrees Suliman, trumpet; Danny Quebec West, alto sax; Billy Smith, tenor sax; Thelonious Monk, piano; Eugene Ramey, bass; Art Blakey, drums.WOR Studios, NYC, October 15, 1947」と「BLP 1511 Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Volume Two 1956、Idrees Suliman, trumpet; Danny Quebec West, alto sax; Billy Smith, tenor sax; Thelonious Monk, piano; Eugene Ramey, bass; Art Blakey, drums.WOR Studios, NYC, October 15, 1947」の2枚に大枚叩いて感謝の意を表した...って1956年の話じゃあお礼は届かないか。

2008259気になりはじめたら気になってしょうがない。「Thelonious Monk The Complete Riverside Recordings」は初期廃盤のvdj-25010~24を持っている。その後のk2 20bit騒動でこのcd boxもk2 20bitが良いに違いない、と思い始めた。そこで何とかオークションを調べると、昔ほどではないにしても数点出ていた。帯付が価値あるに決っているから、意を決して15,000円を投じたたが、コルトレーンの師匠だからまあいいか。k2 20bitモノの発売は1998年2月21日で、noはvicj-60110~124となり、定価は31,500円と随分高価だった。

2008252レキシントン盤においてはオリジナルと2nd、3ndの差は大いにあり、初期廃盤と呼ばれて存在価値は誰しも認める所だが、cdにおいては初期廃盤の価値が分からない。デジタル時代はむしろ新しい方が音は良く、また輸入盤より国内盤の方が音の良いケースは多い。レコードのオリジナル盤ばかりに傾注してcdの研究が遅れたため、犠牲も大きかった。画像はシリアルnoも打たれて、箱もチジミ掛かった重厚な作りの初期廃盤です。

2008253こっちがk2 20bit盤のペラペラ箱です。2019年12月22日のエントリーから「先日のamp研究会、kuraiman社長氏にセロニアス・モンクのコンプリート・リバーサイド・レコーディングスcd15枚組みの話をすると、コルトレーンフリークだけあってその場でcdの手配をした。一方名工ミルトさんは「k2,20bitしかないし、セロニアス・モンクは余り聴かないから手配はしなかった」と言う。えっ!k2,20bitだけ?偶然とは言え初版本?が手に入り、出品者はその辺の事情に疎くてお代も安かった。」とまあこうなっており、cdの認識の薄さを露呈した。それにしても随分と抜かった話で、コルトレーンに続いてモンクのboxもんを2個も購入してしまった、続きます...

|

« 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その6 | トップページ | ダメージ加工と古着 »