« 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その4 | トップページ | 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その5 »

2020年9月10日 (木)

電源力学 2020 ofc純銅電解コンデンサ開発 その2

2009091御殿場のアウトレットが新しくなったものだから,時々出かけている。同行者は普段ほとんど歩かないが、この時ばかりは購買欲に釣られてスタスタ歩く。ゴルフの1ラウンドくらいの距離になるから目的でもないと、とてもじゃあないが歩けない。こっちは直ぐに疲れてベンチに座り込む。お~なってこった、座っているベンチにルリタテハが飛んできたではないか。そうか、ここは御殿場の高原か、しかし羽はボロボロで気の毒に見える。蝶は画像のように羽を閉じてとまっている、だからこの時は蝶の綺麗さは分からない。蛾はとまっている時羽を広げているから、文様なんかが直ぐに分かる。「蝶も蛾も一緒や!」と言われたりするが似て非なるもので、カマキリ先生のように昆虫全般の趣味家は一緒でも良いかもしれないが、こっちはれっきとした蝶家だから、蛾は苦手だ。

2009092帰りのロサンゼルス空港のデューティーフリーではgucciのバッグを良く買ったが今は買わない、いや買えないか、よってジャスト・ルッキングです。イタリア人の販売促進員が近づいてきて、我らのファッションを褒めてくれた。gucciに褒められたのだから大したものだ?なんてこたあない、ポロ・ラルフローレンのミランスキニー「milan」のデカ文字だから、イタリア人が褒めたのだ。こっちは直ぐにジャスト・ルッキングを止めて外のベンチに座り込み、2020年型のofc純銅電解コンデンサのコンストラクションを考えていた。突然閃き慌ててメモにとり、ポイントは-極の共用化となる。

2009093x電解コンデンサは整流作用を持つから極性が生じてしまい、交流回路には使えない。mpコンデンサのノンポーラは電解コンデンサの極性を消している。その構造をofc純銅電解コンデンサに適応すれば良いのだ。

2009094何やら凄いことを思いついてしまい、妄想は膨らむ一方です。Φ350mmの紙管に+ofc純銅板、+極アルミ板、電解紙、-極共用ofc純銅板、電解紙、+極アルミ板、+極ofc純銅板、これだけを絶縁しながらグルグル巻くだけで出来てしまう。これを288-16gのDuelund社のofc純銅オイルコンデンサの9μfへ投入してみる。電解コンデンサ身分向上委員会は、プリウス10kwモータサーボアンプや電磁力学の励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発でお世話になっている電解コンデンサの復権に向けて動き出した。

|

« 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その4 | トップページ | 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その5 »