« 音色力学 ampex200,300とag440とコルトレーンと | トップページ | 複製力学 時代の進化とスーパーコピー品 »

2020年10月18日 (日)

プリンター騒動記

2010124セイタカアワダチソウ、wikipediaから引用「北アメリカ原産で、日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物。河原や空き地などに群生し、良く肥えた土地では3.5~4.5m程度にもなる。外来生物法により要注意外来生物に指定されているほか、日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれている」とある。強さ抜群で執念深く毎年背丈より高くなり、道路にはみ出し通行の妨げになる。でも勝手に駆除できないのが他人様の雑草、毎日通るたびに忌々しく思う。

2010125それ以上に忌々しく思ったのが、キャノンのmg5230プリンター破損であります。名工ミルトさんとの打ち合わせ時に発生したトラブルで「プリンターヘッドの種類が違います」エラーで万事休す。問題は、イエロースコープをはじめ昔のソフトはxpの環境でしか動かない。よって危険とされているxpパソコンのまま使っている。これに適合するa4プリンターはキャノンには既に無い。新品の入手は不可となり、仕方がないので何とかゾンの中古品を購入した、しかも2回も。2回ともパソコンにプリンターを繋ぐとc000エラーが出てしまい、壊れている。これに費やした1週間は全く無駄な時間となってしまった。

2010126x原因は2台とも輸送中の事故、大きなダンボール箱へ梱包材も入れずにプチプチをひと巻きしただけ。天地無用、上向きの矢印記号、精密機器表示など一切無い。だからダンボール箱内でゴロンゴロンする。回収に来た何とか運輸の担当者に意見を求めると「何とかゾンではあるようです~」と言っていた。まあ、それでも返品可能だから事なきを得た。

2010127こうなりゃあ何とかオークションしかないと目くじら立てる。そこで分かったのが「プリンターヘッド違い」のトラブルと「廃液満タン」のトラブル、これらは殆ど修理は不可能みたいだ。何とかオークションでは輸送中の事故補償は無いし、どうせ壊れたプリンターだからとヘッドを外し丹念に清掃したが、直らない。解決策も見当たらないまま2、3日が過ぎた。壊れたプリンターの電源を入れると「ヘッド違いエラー」が出なくなっており、直ってしまった。さすが修理の名医...の自信は、まるで持てないトラブルだった。その後は何事も無かったようにプリンターは動いている。本人も、パソコンも、プリンターも、開発ソフトも、時代屋だからしょうがない騒動記でした。

日進市のm野さん、情報ありがとうございました。以前も今回もxpパソコンからメールするため、はじかれているようです。

|

« 音色力学 ampex200,300とag440とコルトレーンと | トップページ | 複製力学 時代の進化とスーパーコピー品 »