« 量子力学 音と電子の移動と | トップページ | 素材力学 水晶粒防振超電解コンデンサ参上! »

2020年10月26日 (月)

無帰還力学 3相誘導電動機でddターンテーブルを作る1

2010240amp工房研究所はコロナ休業中だから入り口のドアは鍵を掛けてある。その入り口ドアがドンドンと音がすれば合図で、ミルトさんが密談にみえた。「見城先生に超扁平で24極の3相誘導電動機を開発して世界一のターンテーブルを作ります、と言ったら10年早いと言われてしまった。素人の開発には時間が掛かるを10年と表現したまでで、ならば市販品の3相誘導電動機をそのまま使ってさっさと作ってしまおう、協力よろしく」「ようがす、やりやしよう」「そこで3相誘導電動機は特注になりますから、この仕様で新品モータを発注してください」「承知しやした」かくして重要な密談は終わる。モータが決れば後は早く、おはずかしい回路は素人細工のようなもの。

2010247よ~し、こうなりゃあddターンテーブル用トランジスタアンプに最強のトランジスタを登場させたろ、と最後のやせ我慢。mj1024と1025のベアチップを貼り付けて99.999%純銀、99.96%ofc純銅のコレクタを持つトランジスタだ。現存するトランジスタでこれを超えるモノは無い。これだけやってもトム・コランジェロに勝てなかったのは回路技術が無いからで、潔くトランジスタアンプから足を洗った因縁のトランジスタなのだ。

2010243xおっと待てよ、もっと凄いのがあった。インバーテッドコンプリメンタリパワーアンプの場合、トランジスタならコレクタ同士、mosfetならばドレン同士が直結になるため、99.999%純銀棒(99.96%ofc純銅棒)に日立のmosfet2sk175と2sj55を貼り付けた。純銀棒の長さで放熱容量を決めたり、ofc純銅板のフィンを純銀棒につけて強力に冷却する。これは上のタイプよりもっと凄くて、こっちの方が最強のトランジスタだ。上も下も特許要素満載、これに気付いて特許出願されると困るので著作物としておき、且つ公知の事実としておこう。個人は結構ですがメーカは真似せんで欲しい。

2010244とまあ大いに盛り上がって妄想は暴走するが待てよ、今回で最後だし、やはり真空管で3相誘導電動機を回さねば約束違反になる。トランジスタアンプなんか回るに決っており、発明でも、冒険でも何でもない。尊敬するディフォレストのオーディオン450管で回そう。2次の3相誘導電動機1相分のインピーダンスを9Ωとして、巻き数比を20とすれば20^2x9=3.6kΩの1次インピーダンスとなり、普通の50管動作と同じとなる。但し音楽の場合は稼働率は低いが、モータアンプの場合は常にフルパワーなので、そこは注意しよう。

2010242そこで過去のデータベースからもう一度データを洗い直してみる。このデータベースはブログであり、我がブログはデータベースなので一般的ではなくて申し訳ない。3相の電圧出力は4.5vrmsが確認できた。これが45rpmになると電圧は上がるが、33rpmしかやらないからこれで良しとしよう。この3相出力はramsaのwp-1100pa用アンプで駆動した。

2010241続いて電流波形。オーマイトの0.2オーム抵抗の両端の電圧をオシロスコープを替えて測定している。概ね0.5armsの間違いなし。1相当たりの電力は4.5vx0.5a=2.25wとなりcx350管でも問題ない。上記問題はどうやら解決しそうにある。これで万事メデタシだがcx350管が球不足だ、いや~困った。今更1本10万円のcx350管は負担だし...

2010245そこで安くてタフなロシア球で何とかしよう。昔、この真空管が大いに流行って、dcアンプの金田先生もこの球で真空管アンプを作ったものだからたまげて、真空管派の我らも直ぐに従属した。木箱入りを何箱も買い込んだ気合の入れようだったが、6c33cb otlアンプは音質が優れず大量の不良在庫になってしまった。このブームのような出来事はいささか宜しくないが、踊った我らが悪い。既に大量の不良在庫は処分済みで、今更の入手はシャクなので大電流を流せるもこのは球パス。

2010246次もロシア球で金田先生も作ったgm70管だが、これの評価もイマイチはっきりしない。これも一過性で古典管に勝る球は無しか。但しスペックは845管と同等のようでモータ駆動には適しており、グラファイトプレート球ならば1箱幾らで買える。amp工房貿易部のm+aさんに頼めばウクライナから取り寄せてくれる。球で行き詰まり、やはり真空管駆動は大いなる冒険なのでしょう。あとの無い我らはこうして真空管で右往左往するのであります。現れ出でよ~3相誘導電動機駆動真空管!

|

« 量子力学 音と電子の移動と | トップページ | 素材力学 水晶粒防振超電解コンデンサ参上! »