« 電源力学 2020ofc純銅電解コンデンサ製作1 | トップページ | The Complete Prestige Recordings Miles Davis と k2 20bit 考 »

2020年10月 2日 (金)

セロニアス・モンク考とk2 20bit 了

20082591_20200922070201パーカショニストのnakaさんが「片方から音が出ない!」とsos、カニンガムcx112aのラインアンプを持ち込む。久し振りに見るラインアンプは初期段階の水晶粒防振構造なので防振度は低いが結構力作で、これだけのファイトは今は出ない。原因はフィラメント切れで、古典管ではたまにあるが仕方がない。とりあえず手持ちのst管の112aをつけて修理完了。nakaさん曰く「余人をもって代え難しのアンプと思いますが...」ラインアンプ=プリアンプの傑作は少なく、lnp2lを超えるプリに未だ出会ってはいない。

2008254nakaさんはセロニアスモンクのboxモンで同じものが2個あるのを見てたまげていた。「k2 20bitは透明度が上がって、初期廃盤のvdj-25010~24より音が良い」と説明する。オーディオとはヤバイ話で、一度良い音を聴くと戻れず我慢できないから、初期廃盤には戻れない。

2008255セロニアス・モンクとも長い付き合いでjazz初心者はどうしてもピアノトリオなどに惹かれがち、エヴァンスを聴けばチョッと毛色の変ったモンクに辿り着いた訳で、聴き続けていた。偉大なjazzミュージシャンであり、jazzメンの多くから尊敬を集めて、且つコルトレーンの師匠などはつい最近知ったようなもので、勉強不足だった。左は初期廃盤でcd盤面の印刷はこのように違う。

2008256こっちが初期廃盤のvdj-25010~24。箱は重厚でシリアルnoは52となっていて、若い番号だから価値がありそう。このcdだけを聴いていた段階では問題など出ず、これで良いと思っていた。

2008257こっちがk2 20bit盤のvicj-60110~60124です。水晶粒防振構造はいっぺんで音の濁りを判別して、k2 20bit盤の方が音の良いのを見抜く力があり、これを音色感度という。これが鈍いと初期廃盤だろうがk2 20bitだろうが大差なく分からない。これはありがたいことで、我ら駄耳でも全く問題なく判別がつく。

20082596じっくり聴き込んで、透明度の高さや情報量の多さや音の張り出しに満足していた。ん?なんだいこのボンツキベースは、慌てて初期廃盤と比較すると明らかにk2 20bitは低域がボンついている。マイルスもコルトレーンもk2 20bitではこんなことはない、これはリバーサイドだからリマスターで出た癖?若しくはエンジニアの腕、いやそれはないと思う。しかも全曲ではなくてdisc1から2のオスカー・ペティフォードで出ている。そこで丹念に調べたら、Thelonious Monk Plays The Music Of Duke Ellington (Riverside RLP 12-201)、Thelonious Monk, piano; Oscar Pettiford, bass #1-6,8; Kenny Clarke, drums #1-6,8.Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 21 & 27, 1955
1. It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing
2. Sophisticated Lady
3. I Got It Bad And That Ain't Good
4. Black And Tan Fantasy
5. Mood Indigo
6. I Let A Song Go Out Of My Heart
7. Solitude
8. Caravan
20082955となって、ルディ・ヴァン・ゲルダーの仕業だった。どうもヴァン・ゲルダーはボンツキベースに録りがちで、初期廃盤のvdj-25010~24の時はたまりかねてリマスターエンジニアがボンツキを抑えた、しかしk2 20bitでは反省してそこはいじらなかった、と想像しよう。
disc2のThelonious Monk - Brilliant Corners (Riverside RLP 12-226)、Ernie Henry, alto sax; Sonny Rollins, tenor sax; Thelonious Monk, piano, celeste #2; Oscar Pettiford, bass; Max Roach, drums.Reeves Sound Studios, NYC, October 9, 1956、ではreevesスタジオ録音でヴァン・ゲルダーの手から離れてしまいボンツキベースではなくて正常だ、とゆう事実が判明して安堵した。こんなボンツキベースでは「k2 20bitはダメじゃん」と判断する御仁も居るはずで、古典jazzの音を評価する際には歴史を調べる必要がある。晴れてk2 20bitの方が初期廃盤より音が良いと証明された...了

|

« 電源力学 2020ofc純銅電解コンデンサ製作1 | トップページ | The Complete Prestige Recordings Miles Davis と k2 20bit 考 »