« 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その11 | トップページ | 我田引水力学 オーディオシステム変更(ラインアンプは必要か?) »

2020年12月15日 (火)

音色力学 Gabor Szabo Dream cd 騒動記

20121511989年9月17日はサンフランシスコのリトル東京、ステーキハウス「ベニハナ」で、現地のロックミュージシャンと意気投合していた。サンノゼのシステムハウスへ最初のロボットが納入され、現場調整に来ていた。この国は随分楽な国で、5時にはどんなに仕事が遅れていてもピシャリと終わりにする。サンフランシスコの5時はまだ明るく、これから何かが始まる。付き添い同行している営業のf君とルート101をブッ飛ばし、1時間でサンフランシスコへ到着する。通りの名前は忘れたが、中古レコード屋が数軒も並んでおり夢中でレコードを探した。その時に入手したGabor Szabo Dreamはskyの原盤で、なんと5ドルだった。それから1ヵ月後にはサンフランシスコで大地震があり、難を逃れた。「1989年10月17日にアメリカ合衆国カリフォルニア州北部で発生した地震。地震の名前はサンノゼ市の南にあるロマ・プリエタ山付近が震源地だったことによる...」

2012152遡ること1967年、新清水駅の裏通り側にjazz喫茶5spotがあり、はじめてこのガボール・ザボを聴き衝撃を受けた。以来skyの原盤を数枚集め、気前良く皆さんに差し上げてしまったが、手元に5ドルともう1枚が残っている。上画像にあるcdは2005年にリリースされた国内盤で、直ぐに買った。これがレコードとは似ても似つかない情けない音で、いっぺんで嫌気がさして聴くのを止めた。cdリリースのリストから、赤丸印のアメリカ盤と日本盤だけで他は購入の対象にはならない。

2012153更に時が過ぎて、cdの音が抜群に良くなり再びGabor Szabo Dream cdを入手した。2015年リリースで2005年ものより音は良いが、音のエッジが取れて丸くなっており、jazzはエッジが立たなければ論外。国産cdだから音は良いは通用しなくて、k2 20bit以外で音の良い国内盤を探すのは難儀する。

2012154残された手段は輸入盤の入手だが、しかしこれとて得体は知れないから躊躇している。一方でGabor Szabo Dream と双璧はGabor Szabo Bacchanalになり、これの国内盤はGabor Szabo Dream と同様に情けなかった。しかし輸入盤でしかもゴールドcdで有名なdcc・jazzでリリースしており、これはいけるかも。

2012155Skye Records ‎– SK-3 1968,Three King ishers,Love Is Blue,Theme From Valley Of The Dolls、Bacchanal、Sunshine Superman,Some Velvet Morning、The Look Of Love、Divided City、Bass – Louis Kabok、Drums – Jimmy Keltner、Guitar – Gabor Szabo, Jim Stewart、Percussion – Hal Gordon、これはかなり良い、がレコードの表現に届かないところもあり100%の満足には至らない。これはampex350からスチューダa810のリマスタ問題で、どうしようもないのかも知れない。

2012156Gabor SzaboDreams Skye Records SK-7 1968 Galatea's Guitar,Half The Day Is Night,Song Of The Injured Love,The Fortune Teller,Fire Dance(De Falla),The Lady In The Moon,Ferris Wheel,Arranged By, Producer, Piano Gary McFarland,Bass Louis Kabok,Cello George Ricci,Drums  Jim Keltner,Guitar  Gabor Szabo, Jim Stewart,Percussion, Congas Hal Gordon,Violin Julius Schacter この5曲目は出色で「Fire Dance(De Falla)」ここから知らなかったファリャの3角帽子へと繋がった経緯もある。cdでドタバタしたがk2 20bitのような凄いことがcdでは起きず、ことガボール・ザボのsky盤に関しては、レコードの再生に賭けるしかない。ガボール・ザボのアルバムのベストはGabor Szabo Dreamで、最後の最後に帳尻合わせをするのだから、まるで我が人生そのものに見える。

|

« 電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その11 | トップページ | 我田引水力学 オーディオシステム変更(ラインアンプは必要か?) »