« 修理力学 日立精機マシニングセンタVK-45サーボアンプ修理2020 | トップページ | 音色力学 Gabor Szabo Dream cd 騒動記 »

2020年12月13日 (日)

電磁力学 励磁型(フィールド型)スピーカモータ開発その11

2012126こっちは現在人ではない過去のエンジニア連。「あんぷおやじさん出来ましたよ、今からお届けします」テクニカルセンターの所長をやっているm氏が自ら運んでくれるのだから恐縮至極。過去のエンジニアはこうゆう気遣いが出来て、よ~し、がんばったろ!とこっちも気概を持つ。程なくして「重くて持つにコツがいります」とamp工房へ搬入してくれた。とにかく重い、小さくて重いのだからamp工房の重いオーディオ機器よりも持つのは大変。巻き線治具のスペースに整列巻き線を施し、終わればこの巻き線治具を外して、コイル端面に固定用の樹脂を塗布すれば励磁コイルは完成する。この状態では磁気回路はオープンだから電磁石くらいにしかならないが、電流を流して試してみよう。ロボットもオーディオもコイルを巻く作業が最終章とは、何とも可笑しく、なんだか古典回帰した気分になる。次の研修日、可動部のボイスコイルモータ巻き部も登場した。次回は巻き線に挑みます。

|

« 修理力学 日立精機マシニングセンタVK-45サーボアンプ修理2020 | トップページ | 音色力学 Gabor Szabo Dream cd 騒動記 »