« 2021年 冬ジャパンレプタイルズショー | トップページ | 音色力学 dcs Elgar DAコンバータ回路真空管化手法1 »

2021年2月 9日 (火)

電磁力学 磁束漏れの怪?

2102092x出展:日本溶接協会
現場の機械が故障したらいち早く直すのも電気係りの仕事で、時々電気班に同行する。同僚同士が技術力を競い合い、誰が先に故障の原因を解明するか競争で勢いがあった。日立清水の鋳造工場の一角には、江戸川乱歩に登場するような暗幕の怪しい部屋が2,3室ある。その中は独特の臭いがあり、またブラックライトも使われており益々怪しい。鋳物のキズ探傷装置で磁気探傷と言う。たいていは磁化用の直流電源が壊れて、修理もさほど難しくは無い。ただ暗幕とブラックライトで怪しいイメージが強烈に残っている。キズから磁束が漏れ出し、磁粉をふりかけるとキズの文様が浮かび上がる仕掛けで古典的キズ検査法だが、現在も続いているとは驚きです。

2102091x「磁気回路に穴をあけるなんざあ、たいしたこたあない」と高を括ってm氏の質問に「どうぞ冷却用のファン穴を開けてください」と言ってしまった。励磁コイルと駆動コイルで数百wの発熱が見込まれるため、相当な風量を流す必要がある。磁気回路の実験開始で磁束密度が上がらない、困った!困った時はネット情報で延々と検索するが、正確そうな情報は出てこない。妖しい情報や素人情報が氾濫して万事休す、の所へ昭和40年代に少し係わった磁気探傷の説明文を見て、目からウロコです。

2102093元大学の教授の文章の中に「磁束線連続の法則」と出てきてシメタと検索するが、そんな法則の解説文など出てこない。出てこないが、文章から理解すれば発生する磁束数と帰還する磁束数は不変とゆうことになる。そうか!比透磁率は空気が1で飽和しかかった鉄の比透磁率は200や300だから、200倍と磁気絶縁抵抗の低い空気中へどんどん漏れ出し、そして戻るのだ。

2102094ん?このレシオ200は何処かで経験したような、そうだ妖解コンデンサの絶縁抵抗が低いと同じだ。磁気も電気も回路は同じで、磁気漏れも電気漏れ(漏電)も元へは戻るのだ。この穴から磁束がガバガバと漏れ電磁石となって発電所、いや発磁力所のアンペアターンを消費してしまい、仕事量にならない、まだまだ仮定の話ですが。磁気回路に絶対穴を開けるな!とでも何処かに書いてあれば...

|

« 2021年 冬ジャパンレプタイルズショー | トップページ | 音色力学 dcs Elgar DAコンバータ回路真空管化手法1 »