« 反戦絵画とjazzと弘田三枝子さんと | トップページ | 電磁力学 磁束漏れの怪? »

2021年2月 7日 (日)

2021年 冬ジャパンレプタイルズショー

2102081静岡ツインメッセへ駆けつけるとizoo園長のシラワさんが迎えてくれた。そして園長自らが体温測定して回っている。「いつもありがとう、今年は反対も多くありましたが、やりきりました!」「いや~、あなたの努力のお陰です、爬虫類を心待ちにしているファンにはありがたいコトです」参加しない選択肢もありましたが、あと何回こんな体験が出来るのか?を考えたら自ずと答えは出た。

2102082コロナ禍の自主規制で人出は少ないだろうな?と踏んでいたらあんにはからんやで、生きものや菊屋のブースにドッと爬虫類ファンが押し寄せた。至る所にアルコール,次亜塩素酸、そしてマスクにフェイスシールド、息苦しさと用心で菊屋のブースへ終日居座った。

2102083展示物も心なしか地味で、菊屋のめだまはウロコ無しのスケールレスボールパイソンのようだ。ドバイのタカレースに参加している猛禽屋の社長さん、2006年組みラグビーで戦った三島のユカワ君のおやじさん、ボブの通訳のインテリ女子、等など知った顔と旧交を温め、参加したからこそ見えてくる今年の景色があった。

|

« 反戦絵画とjazzと弘田三枝子さんと | トップページ | 電磁力学 磁束漏れの怪? »