« 基礎技術と応用技術 | トップページ | 測定力学 コイルのインダクタンス測定 »

2021年7月31日 (土)

振動力学 驚異の水晶砂防振構造 オルトフォンSPU Gold Reference の巻き

Spu0三保のショットバークレイドルの店主が朝一番お店を訪ねてくる。虎の子のオルトフォンSPU Gold Referenceカートリッジのカンチレバーを曲げてしまい、修理に出したら見事に水晶砂が抜かれてしまったと言う。途端に音がつまらなくなり「水晶砂がなんとかなりませんか?」でした。金田式の時代にdenonのdl-103のボディを削ったり、鉛板や水晶板を挟んだりしたが、駄耳のわれ等には「別に」だった。所がspuやemtのカートリッジエレメントを水晶砂で覆ったら、とんでもなく音楽が躍動して次元が違った。現存する最強の防振構造だが、まあほとんどの御仁が信用しない。

2107301一時販売されていた水晶砂は除霊用とか御清め用とかで、相当に妖しい存在で真っ当な御仁ならば興味すら持たない。妖しいと言えば、sbsの女子アナで今はtv出演の無くなった彼女が取材にみえた時、水晶粒を見せたら開口一番「妖しい」だった。そこでエヴァンスのピース・ピースを聴かせたら目を輝かしていた。今の時代「妖しい」だらけだが、水晶砂の威力は妖しさを超越して魔法としか言いようがない。

Spu1クレイドルのオルトフォンSPU Gold Referenceカートリッジはあんぷおやじが譲ったモノで、jazzにはうってつけの良いカートリッジです。水晶砂の充填はカバーのネジを外して逆さまにして満タンに充填すれば完了で誰にでも出来る。但し水晶砂から微塵は取り除いておかないと微塵が舞い、繊細な機構部だから注意がいる。

|

« 基礎技術と応用技術 | トップページ | 測定力学 コイルのインダクタンス測定 »