« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月31日 (火)

妄想力学 56年越しの妄想

2108301今から56年前は高校2年で、夏休みは清水港で荷揚げ作業のアルバイトに励む。1日700円は現在からすれば時給にも当たらないが、30日やれば2万円を越える。その時に買ったサボテン参考書が龍胆寺 雄(りゅうたんじ ゆう)先生のシャボテン小百科で580円なり。この他に数冊もの参考書を買ったが、残っているのはこの1冊だけ。とにかく頭でっかちは参考書をむさぼり読んで、妄想は果てしなく広がる。

2108302_20210831040801一時、電子技術者よりもサボテン栽培家になろうかと真剣に考えたが、ベンチャーズにしびれたエレキアンプの勝ちでした。もっとも、その時名古屋のサボテン栽培研修校へ行ってしまえば今のiaiは無い訳だから、何とも岐路は奇想天外だ。ページを繰ると出てきた。赤丸印のサボテンは夢のサボテンで、しかも文章には「北米アリゾナ高地産、人工栽培はちょっとむずかしい」とある。

2108303_20210831041401我がサボテン鬼棟、又の名を灼熱地獄棟において、最初に登場の大竜冠は元気に育っている。

2108304_20210831041501続いての竜女冠は更に元気で今年は花も咲いた。気が付けば妄想は妄想を遥かに超えた現実となり、これ以上何を望むか?なのだ。妄想とは、全ての行動の原点なのかも知れない。

|

2021年8月30日 (月)

温故知新力学 Vintage Western Electric 7A Amplifier 1920s の現代版考 2

2108300第一次世界大戦が終了後の1920年代は戦争で進化した真空管式電子機器の成熟期で、後半には45や50等の銘球が生まれる。画像は45のpp回路でVintage Western Electric 7A Amplifierと全く同じ回路が使われ、1つの完成形を見る。音色力学からこれ以上の音質の回路は無いし、これ以上シンプルな回路も無い。ところが時代の進化とは「便利、安い」が錦の御旗となり、良質の抵抗やコンデンサが開発されてこの回路は衰退していく。

2108302vcmモータの開発で透磁率の理解度とコイルのインダクタンスの理解度は、大幅に深まった。これは決して難しい話などではなく要は取り組み方の問題で、アンプ作りは何十年と平気でやる訳だから、これと同等の時間とお足を掛ければ解決する。画像は初期cx350管シングルアンプの出力トランスで、高性能電磁鋼板を使ったものだから直流重畳電流で磁気飽和が起きてしまい、低域は100hz止まりだった。100hzでカットオフしても良い音だったのには驚いた。このΦ350mm、30mmx30mmは直流の流れないインプットトランスで大活躍している。

2108303こっちは現在のgm70管シングルアンプの出力トランスでΦ400mm、鈍重な電磁鋼板で磁気抵抗は大きく飽和し難いから、シングルアンプにはもってこいのトロイダルコアです。これを改造してプッシュプルトランスにすれば良い。低域はインダクタンス量になり、低域を望むならば巻き数は多くしなければならない。

2108304それと水晶粒防振は当然だが、カルダスケーブルが音質最大の決め手になる。1次側はΦ1.0mmのポリウレタン線をグルグル巻いて、2次側はカルダスケーブルの3,5スクエアを巻き、スピーカケーブルも同様となる。ですからトランス2次巻き線の意識は無く、気が付けばスピーカ配線になっている。

2108305xx最初の45の回路図=Vintage Western Electric 7A Amplifier の回路図を画像のように抵抗を止めてしまい、更に単純化する。これだけ何も無ければ回路図などを描く必要も無い。orcadでライブラリーが無いからイチイチライブラリーを追加して、布線cadでアートワークし基板の検図を行い...あ~面倒だ!21世紀の電子回路スタンダードは一切要らない。何も無いから例え壊れても誰でも修理が可能で、これが真の便利さとゆうもの。現代アンプはcpuまで搭載しているから難解で、修理は難しい。

|

2021年8月29日 (日)

温故知新力学 Vintage Western Electric 7A Amplifier 1920s の現代版考

2108282ミケランジェロもダ・ヴィンチも芸術家だから同じものを作ろうとは思わない。それに発注者の意向も無視して勝手にやる。amp工房もどちらかと言うと芸術の芸の世界だ直ぐに飽きてしまい、同じものは2度と作れない。しまった、オーディオ禍だ~!と嘆いても、コルトレーンを聴かない訳にはいかない。そこで思案...ネットからWestern Electric 7A Amplifierの1920年代モノが出てきた。14万弱で買えて瞬間欲しい!と思うがコレクションにしかならないので行動には移さない。

2108280そうか!同じでないプッシュプルアンプにすれば良いのだ。7aの回路は図の通りで真空管とトランスしかない究極のアンプ。このことについてウエスタンエレクトリック・ヒストリーでは「Flawless design, no hum, no resistor noise, no capacitor blocking. This is one of my favourite Western Electric amplifier design. At the days when it was made the components was not a thing to brag about, but keep in mind that this was a repeater amplifier – made for telephone communication. Build it today with high quality tubes and transformers and you will have a top class amplifier. Western Electric was a sub-division under the Bell lab」赤文字のような真実が書いてある。そうなんです、良質なトランスと良質な真空管が手に入れば、これを超えるアンプは無い。

2108281 実はこれには伏線がある。凄い音や練りこまれた音は有名何処で何度も聴いているが、上海駿河屋さんの狂気のjazz音は唯一無にで他では決して聴けない。だからハイエンド連中は理解できない問答無用。その原動力は巨大な特注のプッシュプルアウトプットトランにありと睨んでいる。

2108283コルトレーンのクル・セ・ママを狂気に再生するならばバカチカラが必要で、シングルアンプの限界はもう見えていた。どうせ破壊したトランスだけアンプだから、プッシュプルの実験をしたろ。プッシュプルのトランスはdc電流が相殺で流れないから磁気飽和は起きず楽、まあ素人細工は結合精度が上がらないから歪みは出易い。しかしです、celloのパフォーマンスの歪み0.025%だってあの音だから、歪みなんかは豪快に無視しよう、とゆうコトで構想を始めます。

 

|

2021年8月28日 (土)

全方位力学 一人プロジェクトx

2108270x衝撃的はオムニホイールが旧約聖書のエゼキエル書からヒントを得たことで、そのJosef F.Blumrich「ブルームリッヒ」は決して妖しい人物ではなく、れっきとしたnasaのロケットエンジニアと分かり大収穫です。聖書は宗教論だと色々出てきてややっこしいが、哲学書や科学書として読めば大いなるヒントの宝庫かも知れない。

2108273ミケランジェロより23歳年上のダ・ヴィンチは天才画家にも係わらず不遇で、メディチ家にも認められずフィレンツェからミラノへ都落ちした。スフォルツァ城のミラノ公を訪ねて「私は戦車や兵器や橋を設計できます、また時には絵を描きます」と言って召抱えられた。

2108274x遂に絵を描くチャンスが巡ってきてサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Chiesa di Santa Maria delle Grazie)の食堂の壁面に最後の晩餐を描いた。フレスコ画では繊細な表現は出来ないを理由に、遠大な計画で油彩テンペラ技法で描いた。ダ・ヴィンチコードの本当の謎はヨハネがマグダラのマリアなんかではなく、歴史の経過と共にテンペラ画の損傷は進み修復の必要を確保し、後世の芸術家達を参加させる仕掛けを密かに施したのだ。画家でありながら運河や橋を掛け、飛行機の研究や乗り物の研究、時には兵器も作り、何でもやる万能の天才いや元祖1人プロジェクトxの巨人なのだ。

2108275ユリウス2世へ彫刻家ミケランジェロに天井画を描かしたら?と進言した1人がラファエロ・サンティだが、天井画を描くミケランジェロの凄さを目の当たりにして、遂にはユリウス2世から依頼されて描いていた「アテナイの学童」の下左へミケランジェロの姿を描き加えた。

2108271建築家ブラマンテもミケランジェロに恥をかかしたろ一派の1人、いや首謀者だった。ブラマンテの設計で始まったサンピエトロ大聖堂の建築工事はブラマンテの死により頓挫し、引き継いだブラマンテと同郷のラファエロも無理で、挙句ミケランジェロへお鉢が回ってきて生涯最後の仕事としてやり遂げる。実際には完成を待たずに亡くなるのだが。彫刻の天才であり、絵画の天才であり、建築も手がけたミケランジェロも又万能の天才で、且つ元祖1人プロジェクトxの巨人なのだ。

2108277x横道に逸れるが、
ミケランジェロフリークとしたら意地悪ブラマンテを快く思っていなかった。その後の学習で見方は変った。ドナト・ブラマンテ(Donato Bramante)も最初は画家を志した。1479年ミラノ公に画家と建築家で仕え「最後の晩餐」のあるサンタ・マリア・デッレ・グラーツィエ教会の設計にも従事した。この時代にミラノ宮廷でレオナルド・ダ・ヴィンチと出会っている。元は画家だから、もしかしたら彫刻家ミケランジェロの才能を見抜いて進言したのかも知れない。画像はサンピエトロ大聖堂ドーム内部で、この石積みはブラマンテを引き継いだミケランジェロの設計によるもの。

2108272過日k工業さんへ出向きモータ設計の講義をし、若手エンジニアに設計法を引き継いで欲しいとお願いした。当方は制御系だからモータの設計は本職ではない、が大きな理由だった。ダ・ヴィンチとミケランジェロの研究が進むに連れて、我が行動はまだまだ不十分で恥ずかしくなった。モータも制御系もメカもチカラ計算も、1人プロジェクトxならば無意識に何でもやらなくてはならない。歴史を学ぶとはそうゆうコトで、実に意義深いと分かるまでに時間を使い過ぎた。

|

2021年8月27日 (金)

環境力学 観葉植物考

2108261コロナ禍のせいかサボテンの問い合わせが多い。また某国営放送ではやたらと観葉植物の特集を組むものだから、立派な部屋に高価な観葉植物を置くセレブが増えているようにみえる。特にマダガスカルの高価なコーディックス類はまだ輸入可能な状況なので、愛好者が増えている。画像は自宅の窓際に置いた伊藤ロビビアの最大級の花で、開花時期だけこうして鑑賞するが、花が終われば灼熱地獄の鬼棟へ戻す。

2108262観葉植物には大いなる落とし穴があり、栽培法など進化したものの原理原則は観葉植物にとって居心地の良い環境を作ることで、我ら人間サマの居心地の良い環境ではない。よってコーディックスをやるのであればマダガスカルの環境を作り、リトープスをやるのであれば南アフリカのナマクワランドの環境を作る必要がある。

21082641それらの栽培名人達は何十年も掛けて、日本のそれぞれの地方で近似の環境を作った。早い話がエアコンの利いた快適な部屋じゃあ、観葉植物達には地獄になるのかも。もっとも、しくじって枯らさないかぎりは次の購入も無い訳だから、商売としたらしくじって頂いた方がありがたい。画像は名人達の遺作で、上から花サボテンの元祖伊藤先生の桃輝竜、真ん中はトゲ名人柿崎さんの綾波、下は孔雀サボテン名人ミツハシさんのチバジェニーで、20cmもの巨大な美しい花が夜間に咲きます。

|

2021年8月26日 (木)

チカラ力学 jazzも絵画も時代のチカラなり

2108250エアコン事故を通じて久し振りにレキシントン盤を触った。歴史的な背景からこれを超えるjazzも音も存在しない。凄い音は今の方がよっぽど多いが、チカラ力学が足りない。チカラ力学は演奏の上手さや、録音技術によるものでもない、せっぱ詰まった時代背景からしか生まれない。

2108251オムニホイールの発明者を追ったら預言者エゼキエルまで到達し、それを描いたミケランジェロまで到達してたまげた。レキシントン盤より遥か昔のイタリアルネッサンスへと遡る。画像右下の明るい四角は入り口の扉、撮影禁止の礼拝堂を皆さん上を向いて夢中でシャッターを切っている。まさにシスティーナの奇跡でありました。祭壇の背後にそびえる壁画は最後の審判で、教皇クレメンス7世の命により1535年~1541年に描き、ダイナミックでチカラ力学に満ちている。

21082533xこちらは中央部の拡大だが、流石に安物デジカメでストロボも到達しないからボケている。メディチ家に反旗して反乱軍に加わり捉えられ、本来であれば処刑だが免れ、教皇クレメンスの恩赦で最後の審判を描くから命懸け。しかし堕落したキリスト教や権力者に従わざるを得ないジレンマで己を抜け殻と表現した。麻薬から抜け出そうと修行僧にも似た状況のコルトレーンと重なる。

2108253最期の審判よりだいぶ前、1508年~1512年に教皇ユリウス2世の命によりシスティーナ礼拝堂の天井画創世記(天地創造)を描いた。ここからがミケランジェロの天才たる所以です。中央はノアの箱舟で弟子達と共同で描いたが、チカラ力学は不足して縮こまっている。

2108254それがです、弟子たちを首にして1人プロジェクトxになり、フレスコ画の描き方もマスターし、ここから彫刻家ミケランジェロのチカラ力学が発揮され、まるで大理石をノミで打つようなチカラとなった。

2108255ライバル達の陰謀で彫刻家ミケランジェロに恥をかかせてやろうと「天井画はミケランジェロが最適」とユリウス2世に進言したが、土壇場で火事場チカラを発揮するミケランジェロにライバル達は次第に尊敬へと変る。命懸けのせっぱ詰まった状況でないと、いくら天才でもチカラ力学は生まれない。

21082551xおまけです。
長い間ダリのスペルバインダー(呪縛)に嵌っており、このキリスト像の上から目線など思いつかない「天才だ!」と思っていた。しかしミケランジェロの目線は遥かに自由自在で、きっとこれらを見てダリはヒントを得たに違いない。だからミケランジェロは基礎研究者で、ダリは応用研究者となる。アプリが氾濫する今、我ら開発者や研究者に求められているモノはチカラ力学(せっぱ詰まった状況)であり、ミケランジェロのような基礎研究者なのだ。

|

2021年8月25日 (水)

愚行の輪 カブール陥落

2108257画像出展:wikipedia
1964年8月は高1で西ケ谷ケンちゃんのみかん農家でアルバイト、山の斜面でみかんの摘果作業をしていた。ラジオからトンキン湾で砲撃があったと流れ、開戦と思った。この時は、後に反戦絵画にのめり込むなど予想もしなかった。時が過ぎサイゴン陥落が流れ、アメリカの無様な姿を見た。あれから何十年も過ぎ、又してもアフガンで同じ映像を見るコトとなった。当時をリアルタイムしている我ら団塊には、またか!なのだ。
  
2108258x知識人の高学歴達はなぜ学習機能が働かないのだろうか?反戦絵画のタイトルはシリーズ「愚行の輪」で、エンドレスに続くのかも知れない。

 

 

|

2021年8月24日 (火)

駆動力学 オムニホイール転じてエゼキエルホイール

2108241オムニホイールと検索してたまげた、多種多様(中華)が作られ大いに活況を呈している。凄い発明で誰が発明したのだろうか?疑問に思い調べるが、明快な答は出てこない。またタイヤがコヨ回転する方式もサマザマで、それらの特許も多く出てくる。ハーモニック・ドライブやロータリーエンジンやオムニホイールなど原理原則の革命は実に興味深い。発明者が簡単に分からないはずでした。遂にwikipediaから次の文章が「1919年6月3日発行ホイールの変形は、1972年にJosef F.Blumrichによって特許を取得しました。米国特許3789947、Josef F. Blumrich、「Omnidirection Wheel」1974-02-05発行...と出てきた。omniはラテン語で全方位の意、Josef F. Blumrichはnasaのロケットエンジニアだが次は摩訶不思議?

2108246x画像はBlumrichのエゼキエル宇宙船、出展:wikipedia
ブルームリッヒは、Omnidirection Wheel のデザインは地球外生命体によって作成された宇宙船のコンポーネントとしてエゼキエル書に記載されていると主張しました。そのため、このホイールは冗談めかして「エゼキエルホイール」と呼ばれることがあります。」

21082493x撮影:あんぷおやじ
そこで旧約聖書のエゼキエル書を紐解いた。第1章の15節 わたしが生きものを見ていると、生きもののかたわら、地の上に輪があった。四つの生きものおのおのに、一つずつの輪である。16節 もろもろの輪の形と作りは、光る貴かんらん石のようである。四つのものは同じ形で、その作りは、あたかも、輪の中に輪があるようである。17節 その行く時、彼らは四方のいずれかに行き、行く時は回らない...

21082431xいやはや参りました、この難解なエゼキエル書からオムニホイールを考え出したのだから凄すぎ。横道に逸れたが1972年に発明されたと分かり、これで納得です。しかもエゼキエルホイールと呼んだ方が遥かに哲学的だから、amp工房では預言者エゼキエルの採用です。こちらの画像はamazonから出展。

2108242x今から18年前、
産学共同プロジェクトの電動車椅子の開発に参加したことがある。あんぷおやじの担当はdcサーボモータ制御のハードとソフトで、4wd駆動制御では随分苦労した思い出がある。当時この手のホイールをオムニホイールと呼んでいたかは、記憶が定かでない。前輪の赤丸印のタイヤはwesn(東西南北)と後に呼ばれた。今でも検索すればトヨタ自動車さんから出てきます。

2108244k工業m氏から「台車を...」と話があり、ピンと来て昔を思い出した。いつも思うのだが、何でも挑戦しておくもんです。丁度研修にみえていたk氏に、オムニホイールの動作についてネットから出てきた動作パターンで説明した。「う~ん、分からない」と言う。 

2108243ならばアマゾンのオムニホイールラジコンを買ったろ!と2,873円を手配した。「今はもうこの金額では買えない」これのタイヤはオムニホイール族のメカナムホイールとなっている。なんたって論より証拠が一番説得力はある。

21082491メカナムホイールもwikiから「メカナムホイールは、陸上車両が任意の方向に移動するための全方向ホイールです。スウェーデンの会社MecanumABでエンジニアとして働いていたときにこのコンセプトを考案し、米国で特許を取得した発明者であるBengt Erland Ilon(ベント・アーランド・イロン 1923-2008)にちなんで、スウェーデンホイールまたはIlon(イロン)ホイールと呼ばれることもあります。1972年11月13日に米国で特許を取得しました。」又しても1972年で、これじゃあ何処の誰が改良しても新しい特許になる訳だ。

2108245この手のタイヤは少なからず振動が伴い、且つレーシングカーのような高速運転も出来ない。ですから自走式ロボットや火星探査ローバーや自走台車に向いている。車庫入れの縦列が苦手なあんぷおやじには、ありがた~い真横動作です。あの時集まった優秀な開発プロジェクトメンバーのその後の消息は分からないが...「車椅子の年代になったら、これでレースをやろうぜ!」が、プロジェクト解散式の言葉でそれに近づいた。

|

2021年8月23日 (月)

レキシントン盤の惨劇?

21082211人2交替だから昼食後はシエスタ(siesta)で昼寝をしている。爆睡中にがpadovaの店主からtelが入る。「レコードが大変!」慌てて店へ出社するとエアコンから水がポタポタ、いやボタボタと落ちているではありませんか。真下にはレキシントン盤の高価なlpがこれ見よがしに展示してある。やられた!と青ざめた。

2108223起業した当時は清水機電と言い、冷凍サイクルの試験装置などを作っていた。日立清水で空調機を作っていたこともあり、この2つから冷凍サイクルは門前の小僧と自負している。水漏れ事故はドレンパンの詰まりに決っている、と早期解決を目指した。所がです、ドレンパンを点検するには全部をバラさねばならない悪構造で、お手上げ状態。そこでネットを調べると、霧ヶ峰エアコン msz-sa28p-w の構造図が出てきた。そげだ!と反対側のドレン口に仮のホースをつけて、これで解決と門前小僧は意気揚々とする。

2108222意気揚々としないのがレキシントン盤、丹念に調べるとビニール袋へ入れていたため水滴は免れている。陳列するのにビニール袋はジャケットの美観を損なうためイヤだったが、今となれば正解でした。貴重なオリジナル盤はジャケットも上物でないと価値が下がるから、水が掛かればアウトです。犠牲者はcdでかなりの枚数が水浸しとなった。それにしても毎日何かがある。

2108224レキシントン盤の最古は1955年の2枚のリリースで、BLP 1501 Miles Davis Volume 1とBLP 1503 The Amazing Bud Powell Volume 1 になる。ヴォリューム2は共に1956年と1年遅れだが、この1956年は30枚ものレキシントン盤が作られた豊作の年だった。そこで年数を勘定してみると何と66年も前のコトになる。礼儀正しいアルフレッド・ライオンは1939年にブルー・ノートを設立し、1942年に友人のフランク・ウルフが共同経営者に加わった。ですから歴史的なレキシントン盤が作られる16年前の設立で、この時間が凄いものを生み出す助走時間だった。残念ながらレキシントン盤を超えるjazzも音も無い、バドもマイルスもコルトレーンもampex200も真空管も、みんな死んだ...それが歴史とゆうもの。

|

2021年8月22日 (日)

地球温暖化の切り札?

2108153前エントリーの続きです。
2011年2度目のイタリア紀行では雨天でカプリ島へ渡れず、急遽アマルフィ探訪となりラッキーでした。アマルフィ海岸は延々と続き、高台からアマルフィのある街を撮影した時、大型宝剣にも似たウチワサボテンが偶然画像に入った。世界中の至る所にウチワサボテンは生えているが、本来は南北アメリカ大陸だけに存在する植物で、コロンブスを初め多くに探検家達が持ち帰り、世界に広まったと解釈している。この場所はリモーネ(レモン)畑で、アマルフィのリモーネは皮を食べるのだが格別美味くて驚いた。

2108151t大のw先生と三保の砂地へ海浜植物にもなる?大丸盆ウチワサボテンを植えて、地球温暖化による砂漠化に対処する研究をしようと密談した。グズグズしている内に三保は世界遺産になってしまい、この密談は頓挫した。

2108186_20210822030701通常の植物は昼間炭酸同化作用で酸素を吐き出し、サボテンはcam型植物と言われ夜間に炭酸同化作用で酸素を吐き出す。これにより植物群は2交替で地球を救う仕事をしてくれる。さて今度はロボット設計者でありながら農業もプロのk工業m氏に話を持ちかけた。果実を使って果実酒を造る密談...

2108152xこのウチワサボテンは牛糞などをふんだんに与えると、5年ほどで巨大化して実が生る。その後は鼠算式にウチワの数は1、2,4,8,16,32...と2進法で増えていき、その1枚にΦ60mm程のウチワサボテンとしたら最大級の実が10個くらい生る。だが果実の甘さは控え目でサボテン果実王のドラゴンフルーツには及ばない。清水の地の昔はマイナス4℃くらいになったものだが、当時から耐寒性に優れていた。一方でドラゴンフルーツは沖縄くらい、それより北方では温室栽培になる。ウチワ本体も水分をふんだんに含み、サボテンピクルスも出来る。また1年位水をやらずとも生き延びることが出来るから、砂漠化の進んでいる国には良いと思いますがね。

|

2021年8月21日 (土)

抗体力学 人知の及ばないモノ

2108202画像は大丸盆ウチワサボテンの果実で、ほぼ実物大です。コロナ禍が猛威を振るい、自ずと自己行動抑制が入る。抑制の入らない方も多いようだが気を付けた方がよろしい。今回はカリコさんがmRNA方式を準備していたからこそワクチンの開発も早かったが、次の強敵出現にはどうなるか分からない。

2108203_20210821142401いやいや、そんな大それた話ではない。amp工房(サボテン工房)では約60種類のウチワサボテンを栽培しているが、毎年カイガラムシ(黄色丸印下の小さな白い点)にやられて多くを損失する。何とか薬品の有名な農薬を農協へ印鑑を持って買いに出かけた。劇物ですから取り扱いは厳重注意です。鉢の表面に撒いておくと根っ子から浸透し、サボテン体内に抗体が出来てカイガラムシを駆除する、とゆう理屈。最初の数年は大枚投じたが、一向に利かず遂に諦めた。

2108201_20210821095401生命の危険もある農薬を扱い、カイガラムシ1個も駆除できないのだから何とも情けない。何でも勝てるような気でいるが、ひ弱いカイガラムシですら駆除出来ないのだから、人知の及ばないモノのは身近の至る所にある。それと美味そうに生った大丸盆ウチワサボテン果実内部に農薬が入っていたのでは、大いにマズかろう。この話は更に続きます...

|

2021年8月20日 (金)

染色力学 断捨離の失敗

2108202x少し前までは日本のインパクト21とかナイガイがラルフローレンと提携して、デザインの良い衣料を作っていた。最近はどこで作っているのか分からないが、デザインが気入らずジャスト・ルッキングが多い。家人は体型変化に合わせてラルフローレンを購入し溜め込むが、あんぷおやじ流儀は服に体型を合わせるヤセ我慢方式だから、これまたどんどん溜まる。画像は昔購入したハーフパンツ、今はベージュとか黄土色は着ないから「目立った傷や汚れなし」の上物を、断捨離だ~!とゴミ箱へ放り込んだ。

2108203放り込んだが又取り出した。思いついた、そうだ染めたる!早速アマゾンにある染色キット「PAC FABRIC DYE 繊維用染料 col.03 スーパーブラック 色止め剤付き、価格1,100円、送料無料」を購入した。染め直し用やカラーも沢山あるが下地の色が問題で、どんな色でもとはいかない。とゆうコトでベージュより遥かに強力なスーパーブラックにした。

2108201これが染め終わった元ベージュのハーフパンツ、染めムラも無く見事な黒の仕上がりでしょう。元々「目立った傷や汚れなし」だから新品風に蘇った。しかしそんなにウマい話など無く、随分失敗しておるのです。肝心要のラルフローレンのポロ刺繍は染めても染まりにくい化繊糸が多く、若干色を被っても文様はしっかりと残ります。染色力学を誇れば、又しても断捨離の失敗でした。

|

2021年8月18日 (水)

危機対応力学 コロナ禍とオーディオ禍

2108181ココログさんから「ココログポータルサイトのトップページでは、ココログの中からブログを毎日2つずつ紹介しているピックアップコーナーがあります。貴ブログをぜひ紹介させていただきたく...」と連絡が入る。当時ブログは休止中だったから、当方でいいのかね?と下画像を送る。
Amp2180185そして現在、遂に緊急事態宣言まで飛び出しコロナ禍の緊張度は高まる。amp工房の今は1人2交替をを実施して夜中に出社、明け方の人の居ない時間帯に24時間営業の大型スーパーへ食料の買出しに行き、昼間は家で篭城、決して密には遭遇しない...ん、なんだい昔からか変らないじゃあないか。

2108182以下はココログさんの依頼で撮影した時の画像で、現在においてのオーディオの最終形となる。ここはパワーアンプ部で、水晶粒防振トロイダル・カルダスインプットトランスで銅プレートのgm70管をドライブし、水晶粒防振トロイダル・カルダス出力トランスで出力している。電源は水晶粒防振トロイダル・電源トランスに水晶粒防振トロイダル・カルダスチョークコイルで固め、銅プレートのgz37で音色制御をしている。

2108183こちらはカニンガムcx350管のラインアンプ部になるが、正式なシステムではニッケルプレートのcx350管が音色力学的に不利なため、省略してしまう方向で進めている。それの対応はgm70管の水晶粒防振トロイダル・カルダスインプットトランスの巻き数比を大きく取る。これにはdcsエルガーの50Ωとゆう超低出力インピーダンスの効能で可能となる。

2108184こちらがmonoシステム全体画像です。やはりコルトレーンのクル・セ・ママはこれで聴かねばならない。半年振りか?電源を投入する。ブ~ンとハム音が出て、次の瞬間バスッと音がしてcx350管ラインアンプが死んだ。

2108186しまった、オーディオ禍だ~!あんぷおやじ製の純銅電解コンデンサが長い放置で、自己回復機能を喪失してしまった。最早オーディオ禍対応にチカラは残っていない。

 

|

2021年8月16日 (月)

解体力学 演算速度とb級アンプ

2108111amp工房研究所では3名の若手が活躍している。コロナ禍の現在はオーディオを止めて、昔のロボット仲間依頼のモータ開発のみ行っている。古文書の解読が得意なマスターのm女史、k工業ジュニア氏、研修中のs氏、ロボットベンチャー時代より優秀な3名がvcmモータの巻き線に余念が無い。器用なもので2mmx3mmの平角極太銅線をサクサクと巻いていく。今の若者は...とよく聞くが、その心配はご無用です。

2108112巻き線と平行して制御系のサーボアンプの開発も進む。shcpuでは既に骨董の部類のsh7145だが、cpu基板を容易には起こせないから手持ちを使う。out portはsh7145のi/oを使っているから最速で動き、ランプの点灯でマルチタスク動作時間の測定が出来る。

2108113こちらがマルチタスク動作波形。立ち上がりから次の立ち上がりが演算時間で、フラフラしているのはマルチタスクの各タスク処理時間が異なるためこうなる。

2108114同期を取って見てみよう。まだプログラムの初期段階で位置決め制御は入れておらず、電流制御のみ入れている。とりあえず最速を出してみた。なんと300khzサーボで速度は世界一?1タスクの処理時間が3.333μsecだから300khzとなる。pwmアンプであればipmのスイッチング速度で20khzしか動かないが、リニアアンプだから電流adコンバータの2μsecの500khzまでは動作可能となる。

2108115アムクロンアンプの置き換えだからリニアアンプとなり、熱損失が少ないb級アンプで構成してみた。もう20年以上も不良在庫?の三菱のバイポーラダーリントントランジスタqm300ha-2h、300aの登場です。回路は至って簡単で3Φ200vが電源になるため絶縁ドライブが必要で、今回はアイソレーションアンプが間に合わないため得意なトロイダルコアによる絶縁トランスでドライブした。

2108116x意気揚々とモータ駆動のサイン波を出力していくと突然ドカン!と電流検出エミッタ抵抗とqm300haー2hが爆発した。300aのトランジスタで破壊とは何事ぞ!と悪態つくが、それが現実でpc(コレクタ損失)オーバーで破壊したのだ。pc特性表からは50vで10aしか流せないのがスイッチング専用トランジスタの実力で、過信して良く調べないからの悲劇。シャクなんで研究者3名とモンスタートランジスタを解体してウエハを取り出してみた。実態はフツーより大きめのトランジスタウエハが8個並列で、更にそれが4チップだから32個のトランジスタが全並列となる。これではcelloのパフォーマンスの出力トランジスタ24個並列の方が、放熱では勝ちじゃあないですか。300a級のトランジスタとなれば、きっとアラジンのランプの精のような巨大なトランジスタが入っている?妄想は見事にぶっ飛んだ。

|

2021年8月14日 (土)

ガラケーとガラパゴスウチワサボテン

2108123_20210812172801過日ラルフローレンへ買い物に出かけたら、今後は全てラインで情報の提供やバーゲンを知らせるとあり、家人はすっかり落ち込んでしまった。こっちはネットショップやメルカリでラルフは買えるから意に介さないが、全く面倒な時代になったものだ。早速家人の命令を受けてスマホショップへ出向いた。家人は嬉々として販売員の説明を聞いていたが、こっちは暇だから近くの店員さんを捉まえて画像のガラケーを見せた。すると「こんなガラケー見たこと無い!」とたまげていた。声を掛けたのか、大勢見に来て珍しい最古のガラケーみたいな扱いを受けた。

2108121こちらのウチワサボテンは学名「Opuntia echios var gigantea」で、和名は「ガラパゴスウチワサボテン,ギガンティア」となり、それのオリジナル純粋株で日本には数本しかない貴重品です。南米エクアドル領ガラパゴス諸島にあるサンタ・クルス島にはチャールズ・ダーウイン研究所がある。その入り口に植えてあるギガンティア(下画像の黄色丸印、出展:wikipedia)を見れば、オリジナル純粋株は同じ種類であることが分かる。

2108122_20210812174501あ!この話ではない。ガラケーは大いに結構、鎖国した江戸の浮世絵はゴッホやゴーギャンを唸らせ、東洋の神秘の国となった。発明、開発も鎖国ならば独自のモノが生まれるが、スマホの妖しい何者かによる支配下の時代は情報超過多で、金太郎飴のようなモノが溢れる。鎖国は現実的に無理な話だが、少なくとも発明者、開発者の精神はガラパゴス諸島化しておいた方がよろしいようで。

2108124_20210815005601余談だが、
amp工房のギガンティアには接木の細工がしてある。その強靭な接木の台木はヨコノステレ・ウチワサボテンでマイナスの気温にも十分耐え、サンタ・クルス島より寒い清水の地でも露地植え可能となった。何十年後、いや100年以上後には画像のようなガラパゴスが出現するはず...

|

2021年8月12日 (木)

不要不急

210812320年近くか、記憶はとんと定かではないが治療を受けている歯医者の先生が居る。無類の車好きだからウマが合う。「先生、車替えましたか?」「い~や、代車で来週来ます」と言う。なんだいおとなしくなったと違うのね~、と次の週に歯医者に出向く。ありました、LC500のキャンバストップでオープンカーなのです。美しい、実に美しい、美しさでは世界一かも知れない。以前のフツーのLC500の厳つい、ある種意図的に威圧感を持たせた車作りが、キャンバストップで優雅に変身した。あ!車の評論ではない。「先生、オープンカーはですね、どんよりとしたロンドンの寒空の下でトレンチコートのエリを立てて、ヒータをガンガンかけて乗るのが正統的MGの伝統ですよ!真夏に見るオープン状態の車は素人なのね~」と話したら、早速レクサスのディラーにもコンパーティブル車の乗り方を力説したらしい。

2108122そこで頼まれたのが「ダウンはあるがトレンチコートは持っていないので、チェックして欲しい」でした。必要火急の事態となったから、早速定期コースの御殿場プレミアムアウトレットへ散歩に出かけた。平日、いや夏休みか、東京、神奈川のナンバー車で駐車場は埋め尽くされており、たまげた。ラルフローレンの前もこのありさまで、開店直後から多くの人で賑わっている。

2108124xどうやら「不要不急はそれぞれの判断で...」となっているようで、御殿場プレミアムアウトレットはその縮図のような場所に見える。バーバリーロンドンブランドのトレンチコートを探したが見当たらなくて、空振りだった。まあそれでも黒で定番のノバチェックがあったから調査は終了、不要不急となったので急いで退散した。

|

2021年8月10日 (火)

ジャパンレプタイルズショー2021Summer 2

2108091まさに軍用車で以前持っていたハマーより衝撃的、まあ災害時に救援車になれるのだから置いとく価値はある。試しに乗ると死角だらけで、カメラを何台も設置して安全を確保している。乗る時は取っ手に捉ってよじ登るが、降りる時は飛び降りで足の関節にきてしまい往生する。これでレプタイルズのツインメッセへドドド~と乗り込んだ2日目。初日より客足は遠のき、蔓防がきちんと機能しているようにみえた。

21080922006年の昔を話せば懐かしいが、ラグビーで花園出場のチカラとなった2年のフランカーy川君は「ぼくにはラグビーしかない」と言ったコトがあり、一辺で気に入り何かと励ました。そのy川君のおやじ殿とチャーミングな妹さんと毎年レプタイルズショーで協力して展示販売をやるのだから、15年も経ったら不思議な縁が面白い。

2108093毎度気を使ってくれるizoo園長の白輪さんが、ゲストのDJ KOO(ディージェイ・コー)さんを菊屋のブースへ案内する。奇抜な出で立ちでたまげたが、小室哲也さんのバックでdjしていたと聞いて、もっとたまげた。こっちもdjではターンテーブル師だったから親近感が沸く。販売はまるで振るわなかったが、今年の夏もまた実に面白いジャパンレプタイルズショー2021Summerが過ぎ去った。

|

2021年8月 8日 (日)

ジャパンレプタイルズショー2021Summer

2108081コロナ禍でどうなるやらと思っていたが、ギリギリの所で開催された。待ち合わせ場所へ出向くと戦車?の如きフォードのオフロード車に黒山の人だかり。するとドアが開き、車屋次男坊が車から飛び降りてきた。車屋業者仲間から持て余した宣伝用のドハデな車を譲り受けたようだ。これが第1のたまげ。

2108082ガラパゴスウチワサボテンがサボテン工房のメインの出展物で搬入すると、凄い光景に出会った。なんとガラパゴスゾウガメの剥製で、カメ博士の加藤先生が持ち込んだモノでした。1970年位まではガラパゴスから平気で動植物が持ち出せたようで、この固体はドイツの業者がサンタクルーズ島で捕獲して長年飼育していたものを譲る受けたらしい。これが第2のたまげ。

210808310時に開場すると多くの人が来場で、これが第3のたまげ。たまげているがどうにも売れない、売れ行きが悪い。非常事態宣言下ではどうやら地元の人達が多いようだ。アミメニシキヘビの捕獲で活躍したizoo園長の白輪さんがブースへ陣中見舞いに来てくれる。オリンピック金メダリストの女子ボクサーが大のカエルファンで、氏の運営するカワズーへも来ていたようで「追い風になりそうでありがたい」と話されていた。戦車の如き車や、ガラパゴスで生きていた歴史や、オリジナルのガラパゴスウチワサボテンなど、最終章でもまだ々貴重な体験が出来てありがたい。

|

2021年8月 6日 (金)

レゾナンス力学 共振駆動の魔法

2108060毎度の登場はオルフィレウスの永久運動機械になるが、どうもアイザック・ニュートン先生には異議申し立てが出来にようで、最近は高効率発電機を動かしながら寿命にどうしたものかと相談をしている。それより、アイザック・ニュートン先生に逆らえないどころか連日先生の運動力学の計算式に嵌っている。書簡を見たアイザック・ニュートン先生は「永久運動機械を作るものは無から有を得ようとしている」とバッサリ切り捨てたとあり、そうだ「無でなくて少しの有から大きな有を得ようとすれば、これは先生も賛同してくれる」と決めて挑んだ。

2108061これを持って航空機に乗ろうものなら「爆発物!」と勘違いされて捕まる?右の巨大なコンデンサはフィルムコンで、500μf750vとゆうモンスター級。211や845で高電圧アンプを作るならば、2本直列にして250μf1,500vのフィルムコンが出来る。電解コンデンサの嫌いな方はこの方式が良いが、フィルムコンでは熱気のあるjazzは再現できないぞ、なもし。

2108062そのフルムコンの活躍場所がこれ。サイン波駆動アンプの負荷はvcmモータでこれとパラに500μ2本+αの適正なフィルムコンを付ければvcmインダクタンスと共振状態となり、サイン波駆動アンプ出力電流15aで75aもの大電流が振れる。これはオルフィレウスの永久運動機械と違い共振ゲインとゆう魔法によるチカラの出し方なのだ。

|

2021年8月 4日 (水)

運動力学 より大出力を...

2108041IS F(アイエス・エフ、Lexus IS F)にオーリンズのサス、マフラーはスルガspeedにしてエアーインテークはlemsのチタンで武装すれば、標準の430馬力に対して10馬力アップのモンスターマシン。意気揚々と乗っていたが440馬力を生かす場所などサーキット以外に何処にも無く、1年で車屋次男坊へ返した。コロナ禍で日々ザワザワしていており、もうすっかり忘れてしまった大出力な車でした。大きいとか大出力とかの形容詞はオーディオも一緒で、最後は持て余してしまい、しかし幾つになっても懲りない。

2108042大出力と言えばアムクロンのmacro-tech 5002vz、k工業m氏の依頼でとりあえずの駆動アンプで導入した。ヤフオクに安価で出ていたため飛びついたが、電源が200v仕様とは出品者も知らずで、まともに動作するのにエラい時間が掛ってしまった。しかし凄いアンプでコイルインダクタンスが300μh程度では80aもの電流出力があり、こんな凄いアンプは世界中にこれしかない。その根拠はインピーダンス1Ωでは5kw近い出力がスペックにはある。出力トランジスタはパフォーマンスに近似だし、電源を音質強化すればハイエンドアンプになる。しかしです、これでも未だ足りない。

2108043一体どのくらい要るのかね?と設計を進めれば10,000n(ニュートン)で推力定数が50n/aだから200aもの電流が必要で、電力で12kw程度となる。推力定数の50n/aは驚くほど効率は悪いが、モータ設計では未だ素人細工の域を出ていない。それにしてもmacro-tech 5002vzがアナログアンプであることは信じ難いが、流石に12kwではデジタルアンプにするしか方法が無いのだ。そこで15年前のプリウスモータを回した時のpwmamp図面を引っ張り出した。これのipmを300aにすれば大出力は可能となる。

|

2021年8月 2日 (月)

測定力学 コイルのインダクタンス測定

2108010これほどインダクタンスの測定が難しいとは思わなかった。インダクタンスの測定を始めて6ヶ月、今だに確固たる結論は得ていないが「エイ!面倒だ力任せにやったろ!」状態であります。

2108011こちらが240hzのコイル電流。

 

 

 

2108012こちらはコイル印加電圧。インピーダンス=電圧/電流で0.4Ω、巻き線抵抗を計算しZ=|Z˙|=√R^2+(ωL)^2からLを算出します。インダクタンスは概ね245μhと出ました。モータを動かした状態のアクティブインダクアタンスは周波数を下げると上昇し、周波数を上げると減少傾向にあります。lcrメータの測定で鉄芯入りは測定不可だし、電圧降下法でも周波数で変るありさまで、メーカの公称値も限定で出していると思われます。

2108013我らがaltecの5151bは一体?

 

 

 

 

 

 

 

2108014xこちらがネットから出てきたaltec515bのインピーダンス特性表で100hzから800hzは概ね16Ω、とゆうコトはインダクタンスは周波数依存性を持っており、周波数が低くなるとインダクタンスは上昇する、となる。直流抵抗成分(11Ω前後)は周波数には無関係だからZ=|Z˙|=√R^2+(ωL)^2でfが下がればlが大きくなる。直流抵抗成分を11Ωとして100hzのインダクタンスは18.5mh、同じく800hzでは2.4mhとなる。電圧帰還や電流帰還がせいせい上手くいかないのはインダクタンスが可変のせいなのかも?まあ、いずれにせよコイルのような不可解なシロモノは真空管アンプで無帰還に限る。515bを調べたお陰で我らが超出力のスピーカモータも構造は同じだからインダクタンスの妖しいのも、よしとしよう。

|

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »