« 素材力学 銅式整流管ムラードgz37、cv378 | トップページ | オーディオ やり残したこと »

2021年10月 4日 (月)

縁(えにし)力学 ロボットの系譜

210921001981年だから丁度40年前、ロボット元年の歴史的な写真がアルバムから見つかった。これには幾多の偶然が重なり舞い込んだ出来事であり、今考えれば奇跡に近い。いや間違いなく奇跡だ。また何事もひたすら一生懸命やれば報われることを、このロボット開発から学んだ。ロボット黎明期は稚拙だったが、何でもありのスリリングで面白い時代であった。

2109288_202109292257011954年にソニー・ロリンズはマイルスバンドを去り、席をコルトレーンに譲った。だからソニー・ロリンズは飛びっきりいいヤツだ。席を譲っていなければ名盤ラウンド・アバウト・ミッドナイトのクレジットにコルトレーンの名は無かったし、その後の飛翔に時間が掛かった。ラウンド・ミッドナイトは鬼才セロニアス・モンクの名曲で、マイルスが演奏している所をコロンビアのアヴァキアンが聴いて「是非レコーディングを」となった訳で、しかし「アバウト」がなぜ付いたかは誰も知らない。fa商社のエンジニアi氏はロボットの席をソニーロリンズと同じように何の理由かハッキリしないまま、あんぷおやじに譲ってしまった。だからi氏も飛びっきりいいヤツだ。

2109287_2021092922440140年も経った今、ロボット発案者のk工業m部長も、技術力の無いあんぷおやじを引き立ててくれた大手商社のt部長もあっちへ逝ってしまった。それに飛びっきりいいヤツだったi氏の今は知らない。40年経った今、当時苦楽を共にしたm氏とk氏と電磁力学を駆使してロボット機構の開発をやっているのだから、縁(えにし)力学の最終章もスリリングで面白い。

|

« 素材力学 銅式整流管ムラードgz37、cv378 | トップページ | オーディオ やり残したこと »