« 縁(えにし)力学 ロボットの系譜 | トップページ | Lowther PM6A 騒動記 調査編 »

2021年10月 5日 (火)

オーディオ やり残したこと

2110048xsh7145のvcm電流制御のプログラミングは深夜となり、大音量は無理だからbgmレベルでマニタス・デ・プラタを流している。ニューヨークのカーネギー・ホールへ呼ばれたら、飛行機嫌いは乗馬したまま乗り込み、パブロ・ピカソは感動のあまりギターの胴へサインを書き、逸話は数知れない。このレコードは1967年、オーディオショップあかほりの店主が「これを聴け!」とよこしたもので、お代は払っている。我がScan-Speak 15W/8530K00システムで聴いていると当時を思い出した。

21100461級下だがオーディオでは先生のs君と、ボーナス全額握って秋葉原へコーラルのベータ8を買いに行ったのも、ローサー(ラウザー)が買えなかったからで、雲の上の存在だった。バイブルは誠文堂新光社の「hi-fiスピーカとその活きた使い方」で、ローサーのpm6と複雑なバックロードホーン箱を眺めては、ため息をついていた。こっちはベータ8のバスレス箱だったが、後から手に入れたs君はベータ10にして、ローサーのようなバックロードとして差を付けた。

2110047そうだよな~、Scan-Speak 15W/8530K00システムを聴いている場合じゃあないね。バイブルの「hi-fiスピーカとその活きた使い方」で夢を買い、その殆どを実現した。altecにjblにタンノイ、それにコンデンサスピーカ、やり残しておったのはローサーで、チューニングは水晶粒防振構造を手に入れているから直ぐに出来る。

21100491xとにかく軟体動物の防振部は全部撤去して、剛性があり且つ防振機能を持つ水晶粒防振リングを製作して箱へ取り付ける。錦糸線部はカルダスケーブルを減線して可とう性を持たせる。箱はScan-Speak 15W/8530K00システムと同じ方式とする。これを銅式gm70管パワーアンプで駆動する。

|

« 縁(えにし)力学 ロボットの系譜 | トップページ | Lowther PM6A 騒動記 調査編 »