« Lowther PM6A 試聴記 1 | トップページ | Lowther PM6A 試聴記 2 »

2021年10月31日 (日)

カイガラムシの驚異

2110201m氏のところへ譲ったOpuntia macrocentra var. minor マクロケントラの成長は目覚しく、さすがロボットエンジニアでありながらプロの農家と感心していた。過日氏から「ウチワが白くなってしまいましたが、何でしょうか?」と問い合わせがあり思案した。菌糸線で白っぽくなるのは多肉植物で経験したもののサボテンでは思い当たらない。

2110202そこで画像を送って頂いた。氏曰く「緑っぽい所も残っています」一目両全で、カイガラムシがウチワ全体に増殖してこびり付き、隙間も無いほどのありさまで白くなったのだ。現地メキシコのカイガラムシは大きく潰すと真っ赤な液体が出て、これは赤の染料になる。日本のこの手のカイガラムシはサボテンをダメにするだけで、単なる害虫です。農業プロのm氏の所だから劇薬も手に入るでしょうが、今のところ利く農薬も無くジェット水流で吹き飛ばすしか方法がない。紅葉ならず白葉は事件でした。

|

« Lowther PM6A 試聴記 1 | トップページ | Lowther PM6A 試聴記 2 »