« レース仲間逝く | トップページ | 素材力学 銅式整流管ムラードgz37、cv378 »

2021年10月 2日 (土)

視覚力学 ipmアイソレーションボードを作る。

2109211中秋の名月と聞けばデジカメに撮ってみる。ファインダー越しに月の文様まで見えて「撮れた!」とデジタルデータを見たら文様など写っていない。望遠は200mmだからたいしたことはないが、見えてても見えないは現代社会で、デジタルまで連動同期している。jazzオーディオにおいて聴くは鍛錬すると年をとって耳が衰えようともなお、お構い無しに聴こえてくる。目は完全にアウトで鍛錬のしようがない。

21092101_20211002004601その目にまつわる困難な作業が基盤作りで、往生している。昔回したプリウス10kw発電機用モータ。この時のサーボアンプは10k~15kwだが、最大で20kwまでいける。

21092102_20211002004801それのipmボードを剥ぎ取る。富士電機のipm、7MBP75RA120IGBT-IPM R series1200V / 75A 7 in one-packageが基板の後に付いている。プリウスモータはdc500vで動くためipmは1200v系を使う。

2109212電磁力学のvcmは300aフレームのipmとなり、即納で富士電機には無く、やむを得ず三菱電機とした。うらめしやは富士と三菱ではモノが全く違いipmボードが使えない。こうゆう処は規格化してもらいたいものだ。仕方がないので基板を切断して使う。

2109213次に配線変更図作成。第一の難関が性格の合わない2者をコンパチにするのだから細心の注意が要る。

2109214次なる難関がdipタイプのフォトカプラ、1980年代に常用していたdipタイプはほとんど無く表面実装にと変わっている。rsで見つかったが1個2000円もしてたまげた。最盛期には1個10円で買えた。しゃくなんでアマゾンからシャープと同じ型番だが似て非なるものを買った。

2109215基盤を2個切り出し実装して、さあ配線!ここが最後の難関で拡大鏡を駆使して0.5mm幅のパターンをカットして繋ぎ直す。老眼鏡をかけていないだけでも儲けものだし、何とかルーペも要らない。

210921501jazzオーディオは益々冴えて聴こえてくるが、基盤作りは最早限界に近く、だからgm70管や大型のトロイダルトランスになった。それにしても表面実装微細部品満載の現代アンプは、「見た目」にもリキのある音は出そうにも無い。
余談です。
ワクチン接種数は1億6500万で率は60%を超えた。団塊の星スガさんは引退、最後の演説は苦労世代団塊の特性である火事場の何とか力でお見事、お疲れ様でした。

|

« レース仲間逝く | トップページ | 素材力学 銅式整流管ムラードgz37、cv378 »