« 40kwデジタルアンプ開発1 | トップページ | 重力力学 重力発電機 »

2021年11月19日 (金)

音色力学 違和感アルミボイスコイル

2111191過日k工業m氏の所で会議を持った際に、駆動部を軽量化するにはアルミ線がベストとなった。比重は銅が8.9でアルミが2.7と圧倒的に軽い。軽いが電気抵抗率は銅の16.78 nΩ·mに対しアルミは28.2 nΩ·mと大きい。同じ電流を流した場合アルミの発熱量の方が大きい。まあ強制冷却するから良いか。これはロボットの話で音になると音色が違って悩ましい。ローサーpm6のボイスコイルのアルミ線の音色に違和感を覚え続けている。pm6のボイスコイル線材は銀と銅とアルミがあるから、聴いた人の評価は変ってくるのだと思う。

21111922000年の初め頃、韓国の友人と小型スピーカの音色テストをしたことがあった。スキャンスピークにディナウディオにビファにセアスにフォーカルにピー何とかなどなど。世界の小型スピーカは韓国の方が当時は入手し易かった。この時落伍したものの実態はアルミボイスコイルで、結構投資したが結論は得ていた。ですからローサーpm6の違和感はアルミボイスコイルにありとなる。

2111193ここま前置き。
過日研究生のt-mon君がご両親と久し振りにみえた。小学3年で初めてamp工房へ来たオーディオ少年が高校1年になり、体格はあんぷおやじを凌ぐ。こっちはどんどん縮んできて小さくなっていき、歳月の過ぎ去りに情熱だけは失せないように気をつけている。

2111194部屋も8畳くらいに出世したようで良かった。t-mon君から「スピーカを大きくしたい、altecの415cの38cmフルレンジはどうでしょうか?」と質問があった。ツイータはjblの2405を持っているから良いかな?とも思ったが、altecの最終は416か515に288ドライバになる。本人が探し出したのだから意志を尊重すべきだが、t-mon君の言う通り確認するとボイスコイルはアルミ線でどう考えてもマズイ!原資の関係もあるが、小さい内から最高の音色を聴くのがオーディオの王道で、お足が出来たおやじになった頃ではもう手遅れ。

2111195そこで他のaltec38cmフルレンジを調べるが、やはりアルミボイスコイルなのだ。これがフルレンジの人気の出ない要因の1つなんだろう。念のためjblのd130を調べると「ボイスコイルには直径10.2cmのアルミリボン線エッジワイズ巻大型ボイスコイルを採用しており、磁気回路にはアルニコVマグネットを用いた...」なんだい、示し合わせているじゃあないか。振り出しに戻ってしまい、どうしたものか。

|

« 40kwデジタルアンプ開発1 | トップページ | 重力力学 重力発電機 »