« 創造力学 好奇心、閃き、感、経験則 | トップページ | pwmデジタルアンプの憂鬱 »

2021年12月 3日 (金)

サンプリングの不思議

2111252丑三つ時雷鳴1発、近くに落ちたらしい。途端に怒涛の雨、シメタ!と思ってcx345シングルアンプのボリュームを上げる。ローサーpm6は音圧を上げれば上げるほど今まで聴いたことのない情報が出てきて、たいがいは音色の若干の不自然さも忘れて魅力に聴き入る。水晶粒防振のcdpにcd盤はレコードのような音になり、44.1khzのサンプリングであることを忘れる。調子に乗ってガンガン聴いていたら明け方雨が上がり、開発室の隣のアパートに音が洩れたに違いないと、慌ててボリュームを下げる。

2112015サンプリング速度がゲインを支配しており、多くをサンプリングしないとゲインは上がらない。ゲインは上がらないと高速応答は出来ない。プリウスモータもdq変換しているに違いないが、この車カーカーと音を出し低速では情けない音が聴こえてサンプリングは相当に遅いと決めたが、車での高速応答は返って邪魔だし、大きな慣性ではそれも実現できない。

2112011ラルフローレンの御殿場に友人が2人できた。1人はファッションモデルのようにスタイル抜群な美人のyさんで、家人と仲良くなった。もう一方は我らがアイビーリーガー時代にやったようなスタイルを、上から下までラルフローレンでコテコテに固めた若者のsさんで、あんぷおやじと仲良くなった。2018年の復刻発売日、キャットストリートに長蛇の列が出来たスノウビーチは、ネットでプレミアが付いて取引されている。

2112012そのsさんが先だってlo-lifeファッションなるものを調べたら、とアドバイスをくれた。表参道やキャットで扱い、御殿場には置いていないアイテムを教えてくれた。ブロンクスだからだいぶマンハッタンの中心地から離れており、ここでヒップホップ系の連中がラルフで上から下までコテコテに固めて流行らせたファッションで、linx-bechとして出ている。その言葉がスノウビーチをサンプリングしたとあり、ラルフに敬意を込めてコピーした「模造品だぜ!」代名詞がサンプリングなのだ。サンプリングとは身の回りにウジャウジャ存在する、不思議な言葉です。

|

« 創造力学 好奇心、閃き、感、経験則 | トップページ | pwmデジタルアンプの憂鬱 »