« 老兵は未だ去れない2進法2 | トップページ | 謹賀新年 2022年 »

2021年12月31日 (金)

2021年オーディオ顛末記

2112301レオナルド・ダ・ヴィンチは無学の徒と言ってはばからない。無学はダ・ヴィンチが家庭環境からアカデミックな教育を受けていないから、若干のコンプレックスから出た言葉と捉える。当時の上流社会ではラテン語がステータスで、独学で相当に勉強したらしい。よって独学の徒と言えて、それは遊学の徒を確実に上回る。あんぷおやじ流儀も独学の徒で、オーディオも、ロボットも絵画も、全部独学なのだ。早い話教わることが嫌いなのだ。

2112313暮れも押し迫った過日、パーカショニストのnakaさんが陣中見舞いに来てくれる。ローサーpm6で聴くパーカッションに唸り「こう鳴らなくちゃあ!」と感心している。本人もミュージシャンで、ラテンバンドでコンガを叩いていたから異様に耳が肥えている。

2112314オーディオの分かれ目は音楽かオーディオ機械かで、その標榜の仕方で結論付いた時、オーディオシステムは大きく変る。どっちが正解かなど無くオーディオ学はそれだけ懐(フトコロ)が深い。それにしてここのcdのキューバサウンドは凄い、残念ながらラテン語は読めないから詳細は分からない。流石のnakaさんも気になり写真を撮っていた。

2112315スガワラさんのsa750談義の時、少し前のページに釘付けになる。某社のパワーアンプは400万円だよね...とんでも無く高いのだが、ん?桁が違った何と4000万円だ!こっちは日立時代からiai時代から今日まで原価計算も業務の内で、早速分析に掛かるが4000万円の根拠が見えない。フェラーリ代のパワーアンプも良い度胸だが、良い音とは関係なくハイエンドは独自の文化の発展を遂げており、需要があるのだからまあいいか。

21123124000万円のパワーアンプでローサーのpm6を鳴らしたら、即座に燃えてしまうに違いない。どうも有学(遊学)の徒の作るアカデミック権化のオーディオは、権威とか象徴的とか音楽を標榜する我らとは違い、フラット12のフェラーリのスーパーファストみたいだ。我らには1.6lのカローラレヴィン(カニンガムcx345シングルアンプ)で十分なのだ。2021年のオーディオ顛末記はラウザーpm6の使いこなしでした。

|

« 老兵は未だ去れない2進法2 | トップページ | 謹賀新年 2022年 »