« ライン禍とお詫び | トップページ | 一関ベイシーの新型アンプjbl sa750 »

2021年12月25日 (土)

老兵は未だ去れない2進法

2112251今年の研修最終日にm工業s氏は見事に50hzの矩形波を作り上げた。重要なのはどんな手法を取っても結果を出すこと。sh7145 risc cpuのソフトはc言語でしか書かないが、それをあんぷおやじ流儀のアッセンブラで書いたのだから大いに評価できる。同時にこっちでもソフトを組んでいるが、同じ手法で組んだのでは情けない。そこで本格的周波数シンセサイザーを作るべくsh7145のマニュアルを引っ張り出した。最近はマニュアルを出していないから、無理して購入すると20,000円もするらしい。20年以上も苦楽を共にしたマニュアルはボロボロで、テーピング処理で何とか体裁を保つようにした。

2112252ノイマン型コンピュータの欠点は2進法で「いや当たり前のこと」1,2,4,8,16,32,64,128...とネズミ算だから大いに困る。例えば100hzを2進法で割れば50hzになってしまい中間など到底出来ない。常用周波数の200hzまでも1hz単位で可変するにはどうしたら良いのだろうか。画像の2進法タイマーを何とか欺いて、2進法でなくすしかない。よくよく考えたら常に2進法との戦いで、老兵は未だ去れないか...

|

« ライン禍とお詫び | トップページ | 一関ベイシーの新型アンプjbl sa750 »