« 機構力学 cdプレーヤはリニア駆動か?スイングアーム駆動か?その7 | トップページ | 機構力学 cdプレーヤはリニア駆動か?スイングアーム駆動か?了 »

2022年1月25日 (火)

機構力学 cdプレーヤはリニア駆動か?スイングアーム駆動か?その8

2201051オ・ミクロン禍で益々イタリア紀行は遠のいてしまい、しかし時間は待ってくれない。毎度ながら人生は思うようにいかないもの。正月映画「アマルフィ」を観て懐かしく思い出した。映画アマルフィの撮影場所はアマルフィ海岸ではなくて、画像のポジターノ海岸だった。最後の場面は小石ゴロゴロの海岸だったが、アマルフィ海岸は砂地でもっと広かった。

2201201cdプレーヤの防振対策の最も重要はcdディスク面の防振になる。意味不明なカーボンディスクは静電気を除去するから音が良くなるとか言われて使ったが、確かに音は良くなりディスク面を防振していたに違いない。導電性のポリ袋を円形に切って使ったり、気功師に頼んで気を入れてもらったり、長い間には奇想天外なことを多くやった。ここまでは他人の知恵、現在は強力な水晶粒防振スタビライザを発明した。

2201202cd880jのスピンドルの回転トルクの実力を判断する実験をやってみた。半球型フィボクリスタル防振スタビライザ760gを載せて回した。何回か起動停止を繰り返すと見事にpllロックに入り、このトルクは強力でアキュフェーズのdp-80に次ぐ強さだ。勿論この状態の音が一番良い。

2201203しかし毎度ながら無鉄砲すぎるので、cdクランパーの荷重を測定してみた。この200gレンジ精密バネはかりはマランツ設計のe氏から預かったもので、軽量の測定に最適。75g指し示し、何機種か測定したが概ね75g程度だった。

2201204よってcdスタビライザの荷重は摩擦力も加味すると、100g前後が最適となる。そんなに軽量の円筒物体など都合良く...あった!1つはオーディオ機器の足に使うofc純銅棒の切断したもの、もう1つは相当に妖しいマスキングテープ、これで音の違いを判断しよう。

2201205マスキングテープの20gは音が躍動して、いや暴れていると言った方が正解、荷重が軽い分行き過ぎるのだろう。落ち着いて聴けるのがofc純銅棒の110g、これで音質をあんまり重視せず普段聴くには、サーボ系が極めて安定する。

2201206そう苦労しない水晶粒防振スタビライザは円筒型の800g、これは半球型と違って芯出しの精度が出ているため重量物の割には安定して回転する。これを使うとofc純銅棒の110gでは出ない音が出て煩さが消える。cdディスク面全体の水晶粒防振構造化が如何に重要か良く分かる。しかし現状でもローサーpm6の高音で煩いcdがあり、もしかしたらcdに責任は無く、全てが防振不行き届きによるものではないか?最近そう思っている。

2201207荷重テストの過程で予期せぬ事態が起きた。カインド・オブ・ブルーのブルースペック盤はやり過ぎの感があって、余り聴いていない。ソニーさんの片棒を担いでブルースペックの宣伝までしてしまった責任もあるのだが。これをスイングアーム駆動にするとレンジが上下に拡大して、且つ音が滑らかでいやらしさが消えた。思わず聴き込み、こんなカインド・オブ・ブルーはレコードでも聴いたことは無い。如何に自分のスシテムで判断することが危ういか、今回の実験は原点復帰の良い機会です。それにしても無鉄砲600g水晶粒防振構造ブルースペックcdのカインド・オブ・ブルーは凄まじく、身分急上昇です。

|

« 機構力学 cdプレーヤはリニア駆動か?スイングアーム駆動か?その7 | トップページ | 機構力学 cdプレーヤはリニア駆動か?スイングアーム駆動か?了 »