« 音色力学 gm70管銅式パワーアンプ 3     インプットトランス兼ドライブトランス | トップページ | mj無線と実験に登場! »

2022年3月 6日 (日)

音色力学 gm70管銅式パワーアンプ 4

2203061悪魔のcdプレーヤ「メフィスト」とは良く言ったもので、よっぽど自信があったに違いない。「アンプはかくかくしかじかの新回路で音は劇的に変わった!」等と自他共に形容詞として使っているが、どっちらかと言うと「針小棒大」に類する。逆に言えば、その程度の音しか進化していないのか、いや音が変っただけで良くはなっていないか、です。cx345シングルパワーアンプから最強のgm70管銅式パワーアンプに変更したら、アキュフェーズのcdプレーヤdp80からメフストに変更した程劇的には変らず、アンプとゆう狭い範囲を拡大(アンプリチュード)して戦っていたものだ。我が巨大で超重量の水晶粒防振+ofc純銅の仕掛けも、滑稽な部類に入ってしまう。それにしても問題は、システムの巨大さから来るハムのブンブン丸で、この時間の無さでは解決出来ない。新たに40h(ヘンリー)のofc純銅トロイダルチョークコイルを追加して少々ハムを押さえ込んだが、電源と40h分粗結合となり音楽まで押さえ込んでしまった。それらの顛末を記録しておこう。

|

« 音色力学 gm70管銅式パワーアンプ 3     インプットトランス兼ドライブトランス | トップページ | mj無線と実験に登場! »