« 訃報 柳生博さん | トップページ | 音色力学 AUDIOMECA Pierre LURNE MEPHISTO Made in France no17 »

2022年4月25日 (月)

コルトレーンcd k2 20bit化計画6        コルトレーンcdの救済

2204151驚きのアマゾンではk2 20bitのコルトレーン名盤mvcjが1円で売られていた。1円だが送料は450円となり〆て451円で購入できる。なりふり構わず数枚を購入した。安い理由はレンタルアップ品で、これは嫌われてモノで1円でも売れない。こっちは水晶粒防振構造化cdの素材にするものだから、cdそのものに問題が無ければよろしい。しかしレンタルアップは気分が悪いので、コルトレーンcdの救済をすることにした。タイトルの印刷物にもレンタルシールがベタベタ貼ってあり、剥がすが綺麗にはいかない。右下のように痕跡が残る。

2204152一番肝心がcdそのもので、ここに水晶粒防振構造化する際のお邪魔シールがある。レンタルシールは若干の厚みを持っており、これは水晶粒密着の際に害となるから徹して除去しなくてはならない。これが強力で難儀する。レーザが当たる裏面のキズはたいしたことは無く、研磨すれば良い。しかしレーベル面にキズをつけるとcdは読み取れなくなる。よってシンナーなどは剥離に使えない。

2204153試行錯誤の結果、ツメでレーベル面にキズを付けないように少し剥がし、その後細密ニッパで挟んでゆっくりと剥がす。人間のツメは優れもので適度な硬度を持っており、レーベル面にキズを付けない。

2204154剥がれた後の粘着物(黄色丸印)の除去がかなり面倒です。シンナーが使えないので優秀mono消しゴムを使い、粘着と消しゴムのゴムを絡めて除去する。これが滅法大変でリキを入れると早いが摩擦熱を発生させるから、ゆっくり時間を掛けて絡め取る。

2204155ほーれご覧のように綺麗になり水晶粒防振構造化の素材が出来た。仕上げはcd読み取り面の研磨で、業者の方でも研磨機に掛けているようだが気に入らないので、ピカールを使って人間研磨をやる。これで出来上がり。このcdはインプレッションだが、1円が大量に出てくるのが未だに好調セールスのバラッドでこれは4枚ほど入手したから、新構想水晶粒防振構造化の実験素材になる。

|

« 訃報 柳生博さん | トップページ | 音色力学 AUDIOMECA Pierre LURNE MEPHISTO Made in France no17 »