« バハカリフォルニア純黄刺金冠竜のdna | トップページ | コルトレーンcd k2 20bit化計画9        名も無き君に捧ぐ »

2022年5月 9日 (月)

事件です! Philips cdm9の底力

2205061m+aさんから「kodak、pcd-855を水晶粒防振構造化したcdpが凄いことになっている!」と一報が入る。慌ててtelすると「メフィストに近い音が出ていてメフィストがなければこれでも良いと思えるほど...」でした。メフィスト+dcsエルガーの組み合わせは超ハイエンド機で、これに近い音が出ているのであればもう大事件です。しかしこれは巷で評判の隠れた名機とはチト違う。t-mon君のpcd-5855のインプレッションが通常の評価で、m+aさんに貸し出し中は水晶粒防振化されており、その効果が出ているのだ。

2205062しかし今回のpcd-855以上のゴリゴリ水晶粒防振構造化したcdpは10台「スイングアーム1台含む」ほど作っているが、そこまでの評価は全く出ていない。やはりブリキ細工のcdm9の成せる技としか言いようが無い。経験則だが、マランツ~ラックスマンまでターンテーブルの開発を数機種やっているが、音の良い状態はいずれもゲインは低く、モータのトルクは小さい、どうもこれに関連しているような気がする。cdm9はスイングアームで回転式、ビームもシングルでソニーなんかと全く違い、ここに高音質の秘密があるやも。

2205063急遽t-mon君にm+aさんの所へ試聴に出向いてもらったインプレッションの全文です。「m+aさんの家でじっくり聴き込んだので感想をお伝えします。①pcd-855 cdm-9搭載フルチューニング機と、②Audiomeca mephisto+dcs Elgarで比較しました。まず驚いたのはm+aさんのシステムの音色で、Jeff Rowlandのアンプからは信じられないぐらい、位相特性がしっかりしていて、繊細で素直な音が出ていました。m+aさんのケーブル選びとスピーカー周りの工夫が良いのだと思います。家では絶対にこの音は出せません。本題のcdプレーヤーに関しては直ぐに答えが出て①よりは②の方が圧倒的に良いと感じました。Audiomeca mephistoは音色感度がしっかりしているため楽器の位置がぶれなく①よりだいぶ位相が広がる印象です。しかし、値段を考えると①もとても良く音色や表現の仕方は、②とほぼ遜色が無いことが分かりました。恐らくsony cdp-337esd などのリニア駆動機には、出すことが出来ない音だとは思いますが、僕が実際に聞き比べたわけじゃ無いのでなんとも言えないです。①がなぜ②勝てないのかを考えてみた所2つ思い浮かびました。1つめはAudiomeca mephistoの音色感度の良さ。2つめがdaコンバーターの違いで、①はdcsを使用しているのに対し②はphilips産のdaコンバーターと大きくちがいます。改善策としては、デジタル出力をつける事で大幅に音質が改善され、Audiomeca mephistoと遜色無しな音になると思われます。このような経験をさせて頂きありがとうございました。」

2205064凄いインプレッションで脱帽!そうなるとcdm9が特別であると結論付けよう。ならばメフィストを超えるcdトランスポートが出来る可能性がある。pcd-855、pcd-5855のcdデコーダlsiはsaa7310gpで、このデコーダ出力はi2sバス仕様であるから、これをs/pdifに変換してデジタル出力を出す。192kHz Digital Audio Transmitter のDIT4192が流通からしても具合が良く、28ピンのtssop基板を入手して貼り付けsaa7310gpの上に接着して配線を最短で繋ぐ。

2205066デジタル出力のアイソレーショントランスはフェライトの格好だけトランスが多くてマズイ、ここはアモルファスなどの高性能電磁鋼板の小型トロイダルコアに純銅ofc線を巻いて作る。上画像の水晶粒防振構造化pcd-855はテンポラリーで作ったに過ぎず、pcd-855、pcd-5855を使ってcdm9トランスポートの究極を作ろう。

|

« バハカリフォルニア純黄刺金冠竜のdna | トップページ | コルトレーンcd k2 20bit化計画9        名も無き君に捧ぐ »