« 公道を走れるレーシングカー | トップページ | 反戦絵画の前衛 地には平和を »

2022年6月16日 (木)

Opuntia santarita ”サンタリタ”本邦初の開花!

2206075やはり10年もの歳月が過ぎてやっと開花した。日本の何処かでは咲いているのでしょうが、ネットには上がっていない。上がっているモノを調べたがサンタリタに非ずだから、本邦初開花と決めた。サボテン工房人気no1のウチワサボテンで予約が後を絶たない。一般的には冬季に紅葉して美しいウチワサボテンとなっており、人気なのでしょう。

2206074サボテン工房の画像ではありませんが、こちらが一般に出てくる紅葉した画像です。これを見れば確かに欲しくなりますね~。

 

22060751そのため海外からの種子輸入に励み、1000粒もの播種を敢行した。例の如く古い種子の発芽率は悪く数10本程度の苗が出来ただけ。確かに紅葉は一番美しくそこは認めますが、花はご覧のように黄単色の一般的なウチワサボテンの花でガックリ、おまけにウチワ本体はサビ上がりが酷くて面白くない。看板ウチワサボテンだけに残念な結果だが、ユーザーニーズがあるのだから良しとしよう。
2206181後日談:
身分が最上位から下がり、栽培場所をファーストクラスからエコノミークラスへ移動させた。画像のように微細な刺の束だけで獰猛な鬼トゲは無い。移動中にウチワ本体からこの微細がブッ、ブッと吹き出し手を襲った、まるで生きもののように。もしかしたらこのウチワサボテンに何か攻撃性があるのかも知れない。このことは10年以上も経験しており研究対象になるが、もうやらない。いまだに手のあっちこっちに長さ2mm位の刺が刺さり、チクチクして敵わない。

|

« 公道を走れるレーシングカー | トップページ | 反戦絵画の前衛 地には平和を »