« Opuntia santarita ”サンタリタ”本邦初の開花! | トップページ | 音色力学 銅総量と音色の因果関係2 »

2022年6月18日 (土)

反戦絵画の前衛 地には平和を

2206171xx当時は時代がビートルズだったから反戦の旗手となり、世界的ムーブメントを引き起こした。ウクライナ戦争の現代は隣国の人気者7人組が反戦ムーブメントを引き起こすなど無い...だろうな。偶然にもコルトレーンのピース・オン・アースと同じタイトルの「地には平和を」が1967年の作で、ベトナム戦争真っ只中。芸術祭に出展するために50号と中身の15号の2点描いた。この1ペアで且つ額を付けずに空間開放展示物としたら、前例が無く審査員の間で相当に揉めたらしい。中身は紛失してしまって無いが、画像のような状態になる。中身が主題でそれを展示した状態表現をしたかった。結局この時は50号1点で了解してくれと、芸術祭側から打診された。もうこの年になると自画自賛でもないが、今見て驚いた。若干18歳でこの前衛は後にiaiでさまざま開発する奇想天外の原点が、ここにあった。技術は稚拙で今ならば写真のように上手く描けるが、上手いだけでは絵ヂカラは出せず、jazzも同じに思う。1967年から勘定して55年目にして戦争の胸苦しい思いを、今またしている、人類は愚行の輪の無限ループからは抜け出せないのだろう。

|

« Opuntia santarita ”サンタリタ”本邦初の開花! | トップページ | 音色力学 銅総量と音色の因果関係2 »